【北福岡】北九州コールド8強!「勢いを消さないように」松掛7回2安打完封

7月14日(土)15時8分 スポーツニッポン

2安打完封の好投を見せた北九州・松掛

写真を拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念 北福岡大会3回戦 北九州7—0小倉南=7回コールド(2018年7月14日 北九州市民球場)

 2回戦で3季連続の甲子園出場を狙った東筑を破った北九州が、投打で小倉南を圧倒し、コールド勝ちで準々決勝進出を決めた。

 先発の松掛新大(3年)が7回2安打で完封。2回戦で東筑のエース・石田に投げ勝った渡辺翔太(3年)と1番の座をかけ切磋琢磨してきたもう1人のエースは、「チームの勢いを消さないように1回から全力で腕を振った」と話した。

 打線も13安打を放ち7得点。四番・村上晃大(3年)は初回の先制適時打となった二塁打など三塁打1本、二塁打2本の4打数3安打で勝利に貢献した。

 井手下慎司監督は「選手の心の部分に成長を感じる。一生懸命頑張っていることが一番」と話した。

スポーツニッポン

「九州」をもっと詳しく

「九州」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ