沖縄生まれのドジャース指揮官 日本人の母親エイコさんが始球式に登場

7月14日(土)15時18分 スポーツニッポン

ロバーツ監督(右)と始球式を務めた母親のエイコさん (AP)

写真を拡大

 ◇インターリーグ ドジャース—エンゼルス(2018年7月6日 ロサンゼルス)

 ロサンゼルスで13日に行われたドジャース—エンゼルス戦でドジャースのデーブ・ロバーツ監督の母親エイコ・ロバーツさんが始球式を行った。

 エイコさんは息子のロバーツ監督と同じ背番号30のユニホームを着用してグラウンドに登場。本番前に行っていたキャッチボールと同様、見事なストライク投球を披露して大きな拍手を浴びた。

 ロバーツ監督は日本の沖縄県出身。1972年に軍人だったアフリカ系の父親ウェイモンさん(2017年死去)と日本人の母親エイコさんの間に生まれ、その後、米国のカリフォルニア州サンディエゴに移住した。

スポーツニッポン

「ドジャース」をもっと詳しく

「ドジャース」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ