【北埼玉】白岡 公立実力校対決制す「練習通り」山田2ランスクイズ

7月14日(土)7時8分 スポーツニッポン

<白岡・鷲宮>2回1死二、三塁、飛びついて2ランスクイズを決める白岡・山田

写真を拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念北埼玉大会2回戦 白岡6—2鷲宮(2018年7月13日 大宮公園)

 北埼玉・白岡が鷲宮との公立の実力校同士の対決を制した。2回には1死二、三塁、3番・山田の場面でツーランスクイズを敢行。外に外された球をバットに当てて成功させ、主導権を握った。「とにかく前に転がすことだけを考えていた。練習の成果が出ました」と笑顔の2年生。スタメンは、ほか全員が3年生だが「山田だからサインを出せた」と鳥居俊秀監督の信頼は厚かった。

スポーツニッポン

「全国」をもっと詳しく

「全国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ