新大関・栃ノ心が休場、いきなりカド番の可能性

7月14日(土)11時19分 読売新聞

休場が決まり、取材に応じる栃ノ心(14日、愛知県春日井市で)

写真を拡大

 大相撲の新大関栃ノ心関(30)が、名古屋場所7日目の14日、日本相撲協会に休場を届け出た。「右足親指関節の側副靱帯じんたい損傷で約1か月の休業加療を要する」との診断書を提出した。前日、横綱鶴竜関が休場して19年ぶりに3横綱全員が休場する異例の場所となった中、今場所注目の新大関まで姿を消す看板力士不在の事態となった。

 栃ノ心関は6日目の一番で初黒星を喫した際、右足親指を痛めた。14日朝も稽古場に姿を見せたが、満足に体を動かせず、休場を決めた。栃ノ心関は「右足が痛くて踏めない。皆さんには申し訳ないが、変な相撲は取れない」と厳しい表情で語った。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「相撲を取れる状態ではない。上位陣が休場して『よし俺が』と思っていたと思うが、責任を感じる」と頭を下げた。新大関の休場は、2000年夏場所を全休した武双山以来。回復次第で再出場も検討するというが、来場所はいきなりカド番となる可能性が出てきた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「栃ノ心」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「栃ノ心」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ