アーセナルがマンCのジンチェンコ獲得でクラブ間は口頭合意…個人合意は契約期間と給与が焦点に

2022年7月16日(土)16時55分 サッカーキング

ジンチェンコを巡りアーセナルとマンCが口頭合意 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 アーセナルがマンチェスター・シティのウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコ獲得に近づいているようだ。16日、移籍市場に詳しいジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自身の『Twitter』で報じている。

 ロマーノ氏によると、アーセナルとマンチェスター・Cはジンチェンコの取引を巡り、移籍金3000万ポンド(約48億円)という条件で口頭合意に達したとのこと。また、選手個人との交渉はまだ行われている最中で、契約期間と給与の面が焦点となっていると伝えている。

 現在25歳のジンチェンコは、母国ウクライナにあるシャフタールの下部組織出身。2014年夏まで所属し、そこから約半年の空白を経て、翌年2月にロシアのウファに加入した。2016年夏にマンチェスター・Cへ移籍し、そのシーズンはPSVにローン移籍するが、翌シーズンからはマンチェスター・Cでプレーし続けている。本職は中盤だが、マンチェスター・Cでは左サイドバックでの出場が多い。

 また、ウクライナ代表には2015年10月12日のEURO2016予選スペイン代表戦でデビュー。そこから52キャップを刻み、EURO2016、EURO2020共に全試合出場を果たした。

 なお、アーセナルはすでにマンチェスター・Cからブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスを獲得しており、ジンチェンコまで加入となれば、今夏2例目の「マンチェスター・C→アーセナル」という取引が生まれることになる。

 アーセナル移籍となれば、かつてマンチェスター・Cで共闘したミケル・アルテタ監督との再会になるジンチェンコ。トップ4返り咲きを目指すアーセナルに、大きな力をもたらす移籍となるだろうか。

サッカーキング

「アーセナル」をもっと詳しく

「アーセナル」のニュース

「アーセナル」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ