BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ロッテ・スタン、ピンチ切り抜け絶叫 伊東監督も評価「粘って投げてくれた」

フルカウント7月17日(月)21時39分
画像:ロッテ・スタン、ピンチ切り抜け絶叫 伊東監督も評価「粘って投げてくれた」
写真を拡大

スタンリッジが7回途中1失点、白星逃すもチームの勝利に貢献する力投

 ロッテ・スタンリッジがマウンドで絶叫した。17日のオリックス戦、1-1で迎えた6回だった。1死満塁のピンチでマレーロ、Tー岡田を連続空振り三振で気迫むき出しに吠えた。

 7回先頭の大城を歩かせ、送りバントで1死二塁で降板。この日まで自身4連敗を喫していたが、オリックス戦では94球で6安打7奪三振1失点と復調を印象付けた。9回に抑えの内が大城にプロ1号アーチを浴びたが、その裏、加藤の劇的逆転サヨナラ打と、結果的にはスタンリッジの頑張りがナインにも伝わった。

「先頭打者を出しながらも粘って投げてくれた」と伊東監督。1-0の5回も3連打で無死満塁と大ピンチを招いたが、若月を150キロの速球で遊ゴロ併殺。同点にはなったが、最小失点でしのいだ。「あそこがヤマだった。本人はもっと投げたかったようだが、今日は何としても勝ちたかった」と指揮官は7回途中から左の松永の継投でしのいだ。

 スタンリッジは約2か月近くのファーム暮らしから今月10日の西武戦で54日ぶりに先発。7回途中5失点と結果は出なかったが、「力強い球が投げられるようになっていた。今日はストライク先行で、ボールも低めに集められた。変化球もうまく交ぜられた」と手応えを口にする。

 スライダーやカットボールが高めに浮く場面も見られたが、MAX152キロの速球と、途中からナックルカーブも随所に織り交ぜて、オリックス打線に決定打を許さなかった。6回先頭の俊太には右膝下を直撃される投手内野安打でピンチを招いたが追加点を許さず抑え切った。チームの勝利に貢献する力投に、助っ人は「運もあったが、最小失点でしのげた」と胸を張った。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
ロッテのまとめ写真

「ロッテ」をもっと詳しく

注目ニュース
松井秀喜氏、特別インタビュー(下) 高木京に贈る言葉、そして自身の今後 フルカウント9月21日(木)11時24分
自身の今後、“親友”ジーターのマーリンズ共同オーナー就任は?選手生活を終えて5年がたつ。[ 記事全文 ]
ヤクルト新監督候補、小川淳司SD再登板が急浮上 日刊スポーツ9月21日(木)4時42分
ヤクルトの次期監督候補に小川淳司シニアディレクター(SD、60)が浮上していることが20日、分かった。[ 記事全文 ]
43歳イチローが土壇場同点ヒット、元新人王驚嘆「不老の奇跡が再びやった」 フルカウント9月20日(水)12時34分
1イニング2安打1打点の前日に続く大活躍マーリンズのイチロー外野手が19日(日本時間20日)、本拠地メッツ戦で大仕事を成し遂げた。[ 記事全文 ]
プロ野球選手 高卒と大卒で稼げるのはどちら? NEWSポストセブン9月21日(木)7時0分
超高校級スラッガーの清宮幸太郎(早稲田実業)が進学するのか、プロ入りするのかに注目が集まっている。[ 記事全文 ]
スズキ、小型乗用車の新型「スイフトスポーツ」発売 より軽量で高性能な1台 J-CASTニュース9月20日(水)11時38分
スズキは、小型乗用車の新型「スイフトスポーツ」を2017年9月20日に発売する。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア