BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

西武岡田、好守光る!スクイズ読み外角スラで併殺に

日刊スポーツ7月17日(月)22時43分
画像:6回裏ソフトバンク1死二、三塁、甲斐拓也はスクイズを失敗し、三塁走者の松田宣浩はホームタッチアウト、捕手岡田雅利(撮影・今浪浩三)
写真を拡大
6回裏ソフトバンク1死二、三塁、甲斐拓也はスクイズを失敗し、三塁走者の松田宣浩はホームタッチアウト、捕手岡田雅利(撮影・今浪浩三)

<ソフトバンク3−1西武>◇17日◇ヤフオクドーム
 西武岡田雅利捕手(28)が、守備で頭脳的かつダイナミックなプレーを見せた。
 1−2と、1点のビハインドで迎えた6回裏1死一、三塁。打者は9番甲斐だった。カウント1ボールから、甲斐がスクイズの構えをしながら真ん中付近の直球を見逃した。その間に、一塁走者の上林が二盗に成功した。
 走者は二、三塁、カウントは1−1となった。岡田は3球目、投手の十亀に外角へ遠く外れたボール球のスライダーを要求した。「ベンチからサインが出てたし、スチールされたし、何球目かにあると」。スクイズを警戒していたのだ。
 3球目。甲斐が飛び付いてスクイズを試みた。岡田は本塁付近に転がった打球をつかむと、本塁に突入してきた三塁走者の松田にダイビングでタッチ。素早く起き上がると、一塁にボールを送球し、併殺を完成させた。予測していただけに、冷静な動きで、あっという間にピンチを切り抜けた。
 岡田の今季打率は1割8分6厘と低い。打席では3回無死一、三塁から遊撃ゴロで先制機を逃した。だが、守備力を買われて35試合に出場する。6回の併殺は、持ち味が存分に発揮された場面だった。【斎藤直樹】

はてなブックマークに保存

日刊スポーツ

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
西武のまとめ写真 ソフトバンクのまとめ写真 ヤフオクドームのまとめ写真 捕手のまとめ写真

「西武」をもっと詳しく

注目ニュース
【世界水泳】池江璃花子、6位に涙「やっぱり実力不足」…100Mバタフライ決勝 スポーツ報知7月26日(水)6時1分
【ブダペスト(ハンガリー)24日=小林玲花】女子100メートルバタフライ決勝で、池江璃花子(17)=ルネサンス亀戸=は57秒08の6位に終…[ 記事全文 ]
【西東京】日大三 打倒・早実道半ばで幕 東海大菅生に完敗 スポーツニッポン7月26日(水)7時8分
◇第99回全国高校野球選手権西東京大会準々決勝日大三0—5東海大菅生(2017年7月25日神宮)打倒・早実を掲げた日大三(西東京)の夏は、…[ 記事全文 ]
【静岡】日大三島、延長14回逆転サヨナラで28年ぶり決勝へ スポーツ報知7月25日(火)19時58分
◆全国高校野球選手権静岡大会▽準決勝日大三島4X—3浜松商(25日・草薙球場)日大三島が1989年夏以来の甲子園に王手をかけた。[ 記事全文 ]
浅田真央、座布団直撃の夜は横綱・白鵬らと会食に繰り出す 週刊女性PRIME7月24日(月)18時0分
「今まででいちばん多く舞ったんじゃないですか。いや〜、うれしい。今まででいちばんうれしいです」大相撲名古屋場所の11日目。[ 記事全文 ]
ケガに厳しいメジャーが大谷翔平を買い叩くのは確実との見方 NEWSポストセブン7月25日(火)7時0分
昨年の「二刀流」の勇姿が見る影もない。日本ハム・大谷翔平(23)が一軍復帰後も絶不調に喘いでいる。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア