BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

埼スタで“あの日”を再現…岡野雅行、岡田監督の「ここだろう」に応えるPK弾!

サッカーキング7月17日(月)22時22分
画像:BLUE FRIENDSを率いた岡田武史監督 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
写真を拡大
BLUE FRIENDSを率いた岡田武史監督 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
 浦和レッズ一筋でプレーした鈴木啓太の引退試合が17日、埼玉スタジアム2002で開催された。浦和レッズでともにプレーしたREDS LEGENDSと日本代表として日の丸を背負って戦ったBLUE FRIENDSに分かれて行われた一戦は、前半にBLUE FRIENDSが3点をリードしながらも、後半にREDS LEGENDSの逆転弾を浴び、最後に追い付いて4−4と引き分けた。

 終盤にひと際スタンドを沸かせたのが、岡野雅行だった。86分にBLUE FRIENDSが得たPKの場面。この日、前半にBLUE FRIENDの一員として2ゴールを決めていた鈴木だったが、後半は無得点。絶好の見せ場を得た鈴木が、一度はREDS LEGENDSのユニフォームを脱ぎ、BLUE FRIENDSのユニフォームを着用する動きを見せる。しかし、ここでBLUE FRIENDSのベンチが動いた。

「岡田さんに『ここだろう』って言われて。『あー、はい』と」

 BLUE FRIENDSを率いた岡田武史監督が指示したのは、岡野の投入だった。

 久々の埼玉スタジアム2002でのプレー。スタートは、REDS LEGENDSとして右サイドで出場した。何度も出てくる右のスペースへのスルーパス。嫌が上にもスピードに乗った岡野のランニングに期待が集まる。しかし、頭では分かっていても、体が言うことを利かなかった。

「脳では全員を突破しているんですよ。でも、足がついてこない。本当はもっと蹴りドリとかいっぱいやりたかったんですよ。でも足が、蹴りドリができない。やっぱり(普段から)やっていないとダメなんですね(苦笑)。今日はね、MTGの時に言ったんですよ。スルーパス禁止! 絶対に禁止ね、って。なのにバンバン出てくる。お客さんも『岡野、走れー』って言っているから、もうクセなんでしょうね、昔の。走っちゃうんですよね」

 現役時代のような相手を置き去りにする走りは見られなかったが、それでも、味方とのワンツーから相手の背後を取るプレーでスタンドを沸かせた。33分にピッチを退くと、今度はBLUE FRIENDSの一員としてベンチに待機。そして極め付けが、この日一番の見せ場となったPKのシーンだった。

 岡田監督の指示で87分にピッチに入ると、真っ直ぐPKスポットへ。迷わず右足を振り抜くと、「外したらあれだけど、入れたので岡田さんのところに行こうと思った」と両手を広げながら猛スピードでベンチへ走り出した。そして、がっつりと岡田監督と抱き合った。岡田監督と岡野雅行。そう、まさに“あの日”を再現したわけだ。

「あそこでジョホールバルの再現ができるというね。この浦和でできたことがすごくうれしいです。岡田さんも察してくれて(ベンチから)出てきていただいてね。すぐに出てこられたので。良かったです」

 今回、鈴木啓太が考えた引退試合のテーマは“同窓会”。「やっぱり楽しいですね。久々に会っても、全然違和感なくて。みんな仲が良くて。埼スタでまたやっているっていうのが幸せでしたし、こういう素晴らしいところでやっていたんだなって改めて思えて良かったです」と昔を懐かしみつつ、楽しんだようだった。
(C) SOCCERKING All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「岡野雅行」をもっと詳しく

注目ニュース
「清宮ジュニア」から「清宮幸太郎」へ 自らのバットで価値高めた清宮の3年間 スポーツニッポン7月25日(火)8時58分
今年1月から早実・清宮を取材して清宮の破壊力に驚かされている。豪快な打撃はもちろんだが、紙面価値としての高さに、だ。[ 記事全文 ]
浅田真央、座布団直撃の夜は横綱・白鵬らと会食に繰り出す 週刊女性PRIME7月24日(月)18時0分
「今まででいちばん多く舞ったんじゃないですか。いや〜、うれしい。今まででいちばんうれしいです」大相撲名古屋場所の11日目。[ 記事全文 ]
横審、白鵬を特別表彰も立ち合い張り手に“物言い” 日刊スポーツ7月24日(月)19時44分
東京・両国国技館で開かれた横綱審議委員会(撮影・今村健人)大相撲の横綱審議委員会が24日、東京・両国国技館で開かれ、史上最多の通算勝利数を…[ 記事全文 ]
巨人、異例のコーチ大異動で「三度目の原辰徳監督」が誕生か NEWSポストセブン7月24日(月)16時0分
6月に就任したばかりの鹿取義隆GMが主導して、巨人軍では異例のコーチ異動でテコ入れを図って後半戦に備えたが、いまだチームはばらばらのままだ。[ 記事全文 ]
地元紙が選ぶ「マリナーズ史に残る40人」でイチロー3位、1位でない理由は… フルカウント7月24日(月)16時45分
イチローのデビュー年を絶賛「間違いなく2度と起こらないだろう」岩隈久志投手の所属するマリナーズは、今季100試合終了時点で49勝51敗の成…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア