インテル、2度目のビオラ中盤獲りか。2年間で合計31億円を支払う準備へ

7月18日(火)11時0分 フットボールチャンネル

 フィオレンティーナ(愛称:ビオラ)に所属する25歳のウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノの獲得をインテルが検討しているようだ。17日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、インテルがベシーノに設定されている2400万ユーロ(約31億円)の契約解除金を2年間に分けて支払い獲得する準備をしているとのこと。ベシーノは昨季公式戦40試合に出場し4得点4アシストを記録。中盤の要として活躍していた。

 先日、フィオレンティーナに所属していた主力のボルハ・バレロがインテルに移籍。フェデリコ・ベルナルデスキやニコラ・カリニッチも移籍を希望しており、主力の流出危機に直面している。ベシーノも移籍することになれば、フィオレンティーナにとって大きな痛手となりそうだ。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

インテルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ