日本代表、“決勝T進出の舞台”周辺が崩落…記録的豪雨で地面が陥没【ロシアW杯】

7月18日(水)7時31分 フットボールチャンネル

 現地時間6月28日にロシアワールドカップ・グループリーグH組第3節が行われ、日本代表はポーランド代表に0-1で敗れるも、他会場の結果により決勝トーナメント進出を決めた。あの舞台となったヴォルゴグラード・アリーナが豪雨の被害を受けたと、17日にロシアメディア『スヴォボダ』が報じている。

 同メディアによると、現地時間7月15日に降り続いた大雨によって土が削り取られ、ヴォルゴグラード・アリーナ周辺で地面の崩落が起きたという。数時間で1ヶ月半から2ヶ月ぶんの降水量に達し、高速道路や地下道路、トラム路線が浸水。歩行者通路は崩落し、周辺も土砂崩れによって土で覆われている。

 ただ、幸いにも怪我人はなし。ピッチも被害はなく、スタジアム自体が崩落する可能性はない。しかし、危険性があるため週末に行われる予定だったロシア2部リーグの試合は中止となっている。

フットボールチャンネル

「陥没」をもっと詳しく

「陥没」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ