BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

梅ちゃんV撃 1年前ベンチで西岡から叱責され成長

スポーツニッポン7月18日(火)7時8分
画像:<神・広>4回2死二塁、梅野は勝ち越しの左前適時打を放つ
写真を拡大
<神・広>4回2死二塁、梅野は勝ち越しの左前適時打を放つ
 ◇セ・リーグ 阪神2—1広島(2017年7月17日 甲子園)

 あの時の厳しい言葉を胸にやってきた。阪神・梅野なりに成長を先輩に示した夜だ。打撃では好相性の広島戦で試合を決める快音を響かせたのは4回だった。

 「(シュートは)頭にあって振り遅れる感じがしていたので、前で捉えるようにポイントだけを考えた」

 糸原の適時二塁打で追いついた直後の2死二塁で野村の2球目に投じたシュートに食らいついた。ライナーで左翼へ落ちる勝ち越しの適時打。2回の第1打席は1死一、二塁で同じシュートを引っかけて三ゴロ併殺に倒れていただけに「やり返したい、その一心だった」とうなずいた。

 「下位でしっかり、線としてチャンスをものに出来たのは良かった。下位でも取れるんだというところを見せられた」

 プレーボール前、腰を下ろして視線を送った一塁には背番号5がいた。左足アキレス腱断裂から復活を遂げた西岡の初陣だった。マスクを被った昨年7月13日のヤクルト戦(神宮)。序盤に下位打者に被弾し、ベンチで西岡から叱責(しっせき)を受けた。

 「配球の部分ですね。守ってる西岡さんからも自分の甘い部分が感じられたんだと思う。そうやって剛さんに直接、言っていただいて自分も結果で応えないといけないと思ったので。いつも声をかけてくださるので成長したところを見せたい思いはあった」

 あれから1年——。自らのバットで叩き出した最少リードを9回まで必死に守り抜いた。「このままでは今まで(の広島戦)は終わらなかったので。悔しい部分もあった。リードでも何とか粘ることができた」。自信なさげにサインを出し、痛打を浴びた昨年の姿はもうない。勝利後にかわした西岡とのハイタッチには大きな意味があったはずだ。(遠藤 礼)

はてなブックマークに保存

スポーツニッポン

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
成長のまとめ写真 叱責のまとめ写真 阪神のまとめ写真 広島のまとめ写真

「成長」をもっと詳しく

注目ニュース
【世界水泳】池江璃花子、6位に涙「やっぱり実力不足」…100Mバタフライ決勝 スポーツ報知7月26日(水)6時1分
【ブダペスト(ハンガリー)24日=小林玲花】女子100メートルバタフライ決勝で、池江璃花子(17)=ルネサンス亀戸=は57秒08の6位に終…[ 記事全文 ]
【西東京】日大三 打倒・早実道半ばで幕 東海大菅生に完敗 スポーツニッポン7月26日(水)7時8分
◇第99回全国高校野球選手権西東京大会準々決勝日大三0—5東海大菅生(2017年7月25日神宮)打倒・早実を掲げた日大三(西東京)の夏は、…[ 記事全文 ]
【静岡】日大三島、延長14回逆転サヨナラで28年ぶり決勝へ スポーツ報知7月25日(火)19時58分
◆全国高校野球選手権静岡大会▽準決勝日大三島4X—3浜松商(25日・草薙球場)日大三島が1989年夏以来の甲子園に王手をかけた。[ 記事全文 ]
浅田真央、座布団直撃の夜は横綱・白鵬らと会食に繰り出す 週刊女性PRIME7月24日(月)18時0分
「今まででいちばん多く舞ったんじゃないですか。いや〜、うれしい。今まででいちばんうれしいです」大相撲名古屋場所の11日目。[ 記事全文 ]
ケガに厳しいメジャーが大谷翔平を買い叩くのは確実との見方 NEWSポストセブン7月25日(火)7時0分
昨年の「二刀流」の勇姿が見る影もない。日本ハム・大谷翔平(23)が一軍復帰後も絶不調に喘いでいる。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア