ミランとの争奪戦を制す。ローマが約21億円でフランス人MFを獲得

7月21日(日)9時52分 フットボールチャンネル

 ローマは20日、フィオレンティーナからフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥを獲得したことを正式に発表した。

 26歳のヴェレトゥは、2017年からフィオレンティーナでプレーしていたフランス人MF。過去にはU-21フランス代表経験もある選手だ。

 このヴェレトゥに対してはミランが強い関心を示していたものの、最終的には条件面で上回ったローマへの移籍が決定した。ローマは完全移籍義務付きのレンタルで同選手を獲得。レンタル料として100万ユーロを支払い、1年後に1600万ユーロで完全移籍となる総額1700万ユーロ(約21億円)という条件。今後の活躍次第でさらに200万ユーロのボーナスが付く可能性もある。

 ヴェレトゥ本人は、ローマと2024年6月30日までの5年契約を交わした。

フットボールチャンネル

「ローマ」をもっと詳しく

「ローマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ