アルゼンチン代表の造反が明らかに…メッシが「信用していない」と発言か

7月21日(土)21時59分 サッカーキング

アルゼンチン代表のサンパオリ元監督とメッシ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 2018 FIFAワールドカップ ロシアグループステージ第2戦後のアルゼンチン代表の混乱ぶりが、アルゼンチン人ジャーナリスト、アリエル・セノシエイン氏の著書によって明らかにされた。スペイン紙『マルカ』が20日に報じている。

 グループステージ第2戦のクロアチア戦で0ー3の敗戦を喫したアルゼンチン代表は、グループステージ敗退の危機に瀕しており、同試合後のコーチングスタッフによるミーティングには、選手の代表としてFWリオネル・メッシと、DFハビエル・マスチェラーノが出席した。

 その際にメッシがホルヘ・サンパオリ監督に対して「何があろうと、僕ら選手はもう、あなたを信用していない」と主張した模様だ。これに対してサンパオリ監督は驚いた様子で「何を求めているのか」と質問したが、選手側に突き放されたとされる。

 またメッシは「あなたは誰を起用すればよいか10回も聞いてきた。僕は何も答えなかったけどね」とも発言したようだ。

 この後ミーティングは落ち着いた雰囲気で進行したようだが、コーチングスタッフは常に選手達の意見に耳を傾けて、彼らに配慮していたという。

 その後アルゼンチン代表は、ナイジェリア代表に2−1で勝利を収めてグループステージを突破したが、決勝トーナメント1回戦でフランス代表に敗れて敗退。サンパオリ監督は大会後に退任した。

 

サッカーキング

「アルゼンチン」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「アルゼンチン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ