柴崎岳が入団会見。スペイン2部行き決断の理由は「ボランチで考えてくれている」

7月22日(月)22時1分 フットボールチャンネル

 スペイン2部デポルティボに加入した日本代表MF柴崎岳が22日、入団会見に臨んだ。新天地の目標や、決断の理由などを語っている。

 2017年1月にテネリフェの選手となり、スペインでの挑戦を続けている柴崎は、会見序盤の質問にスペイン語で返答。デポルティボを昇格に導くことを目標に挙げた。

 1部のヘタフェから2部へ戦いの舞台を移すことになった柴崎。ほかにもオファーがあった中でデポルティボを選んだ理由については、「ボランチで考えてくれていると聞いたので」と返答。自身のスタイルについて問われた際には「ゲームメーカー」と答えており、ポジションに強いこだわりを持って決断したことがうかがえる。

 2018/19シーズンはベンチにも入れない日々が長く続いた柴崎。希望するポジションでレギュラーの座をつかみ、大きなインパクトを残せるだろうか。

フットボールチャンネル

「スペイン」をもっと詳しく

「スペイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ