なでしこジャパンが1本のシュートも許さず5発快勝! 宮澤ひなたが2得点の活躍

2023年7月22日(土)18時6分 サッカーキング

先制点を挙げた日本女子代表のMF宮澤ひなた(左)とFW田中美南(右)

写真を拡大

 なでしこジャパン(日本女子代表)は22日、『FIFA女子ワールドカップオーストラリア&ニュージーランド2023』のグループC第1節に臨み、ザンビア女子代表と対戦した。

 ザンビア戦に向けて「しっかりと準備をしてきた」(熊谷)という日本は、主将を務める熊谷紗希を中心に、石川璃音と南萌華で3バックを形成。最前線に田中美南を据え、その後方に藤野あおばと宮澤ひなたが位置する「3−4−2−1」を採用した。

 立ち上がりから裏のスペースを狙っていく日本は7分、左右の大きな揺さぶりから、最後はボックス中央で清水梨紗の折り返しを受けた藤野あおばが右足でシュート。これはGKのセーブに遭うも、良い形でゴールに迫る場面を作り出した。日本は直後の10分にも、チャンスを作り出す。ゴール正面の位置で前を向いた藤野が右足のアウトサイドにかけたミドルシュートを放ったが、ボールは惜しくも右ポストに阻まれた。

 主導権を握りながら得点を奪えずにいた日本は21分、左サイドで得たFKの流れから田中美南がネットを揺らすも、オフサイドポジションでの関与があったとしてノーゴールに。その後もサイドからのセンタリングやミドルシュートでゴールを脅かしたがゴールレスのまま時間は経過していった。

 しかし43分、日本に待望の先制点が生まれる。右サイドでボールを持った長谷川唯が同サイドの裏を突いた藤野へ浮き球のパスを送り、これを受けた藤野が絶妙なタイミングでゴール前へセンタリングを供給。最後はボックス中央に走り込んだ宮澤ひなたが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 リードを奪って後半を迎えた日本は49分、左サイドの遠藤純から絶妙なタイミングでセンタリングが送られ、これに田中が合わせたが、VARの末にオフサイド判定に。さらに51分にも右サイドを抜け出した藤野がボックス右に侵入。GKとの接触がありPK判定となったが、パスを受けたタイミングでオフサイドがあったとしてPKを得ることはできなかった。

 それでも55分、左サイドで長谷川からのスルーパスを受けた遠藤が、ボックス左からゴール前へセンタリングを供給。これに田中が滑り込みながら右足を合わせ、日本がリードを広げた。さらに62分には、右サイドのゴールライン側から田中が折り返したボールに宮澤がゴール前で合わせ、3−0とした。

 勢いづく日本は71分、長谷川のスルーパスを左サイドで受けた遠藤がボックス内に侵入。最後は冷静に左足でゴール右にシュートを流し込み、4点目を奪った。日本は選手を入れ替えながら試合を支配し続けると、後半アディショナルタイムに途中出場の植木理子がPKを獲得。このPKはGKにストップされるも、飛び出しが早く蹴り直しとなり、これを植木がゴール右に落ち着いて決め、試合は5−0で終了。日本はザンビアに1本のシュートも許さずに初戦を白星で飾ることに成功した。

 なでしこジャパンは次節、日本時間26日の14:00からコスタリカ女子代表と対戦。試合の模様は「NHK BS1」と「FIFA+」で中継・配信される。

【スコア】
日本女子代表 5−0 ザンビア女子代表

【得点者】
1−0 43分 宮澤ひなた(日本女子代表)
2−0 55分 田中美南(日本女子代表)
3−0 62分 宮澤ひなた(日本女子代表)
4−0 71分 遠藤純(日本女子代表)
5−0 90+11分 植木理子(日本女子代表)

【出場選手】
▼なでしこジャパン(3−4−2−1)
GK:山下杏也加
DF:石川璃音、熊谷紗希、南萌華
MF:清水梨紗、長谷川唯、長野風花、遠藤純(77分 清家貴子);藤野あおば(77分 猶本光)、宮澤ひなた(90+3分 千葉玲海菜)
FW:田中美南(66分 植木理子)

サッカーキング

「なでしこジャパン」をもっと詳しく

「なでしこジャパン」のニュース

「なでしこジャパン」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ