大谷がマエケンと今季初対決! 今後の活躍のカギを握るのは『大谷ガールズ』への対応か

7月23日(金)17時0分 ココカラネクスト

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は22日(日本時間23日)に敵地ミネアポリスで行われたツインズ戦に「2番・DH」で先発出場。ツインズ先発の前田健太投手(33)とは今季初対決となったが、3打数無安打に終わった。


 2019年に前田がドジャースに在籍した時以来の対戦。これまでの成績は5打数2安打1本塁打、2打点、2三振。2年ぶり3度目の対決となった今回、前田はホームランキング争いを繰り広げる後輩に対して「(ホームランを)打たせるわけにはいかない」と試合前から気合を見せていた。

 注目の第1打席は初回無死一塁、カウント2—2から90マイル(約144キロ)の直球で空振りを喫すと、4回の先頭打者として迎えた第2打席は低めの変化球を振らされて二ゴロに倒れる。迎えた第3打席は5回二死無走者から、これも低めの変化球を振らされて空振り三振に。前田は7回でマウンドを降りたために、今回の対決は3打数無安打に抑えた前田に軍配が上がった。

 一方で気にかかるのは大谷の急降下ぶりだ。この日は8回の第4打席でも空振り三振となり、この日は4打数ノーヒットに終わった。前試合に続き、2試合連続の3三振となった。18日(日本時間19日)のマリナーズ戦で34号を放っているが、球宴明けの6試合では14三振を喫するなどこれまでのホームラン量産態勢は鳴りをひそめ、2位のゲレーロジュニア(ブルージェイズ)には2本差まで迫られた。

 球宴のホームラン競争や過密日程の影響など、いくつかの要因が挙げられる中で、一つささやかれているのは、熱烈な大谷ファンたち「大谷ガールズ」に代表される注目度の上昇ぶりだ。

「前半戦のブレイクやオールスターの二刀流出場で全米中といえるほど一気に注目度が高まりましたからね。女性ファンも急増、球場には大谷ガールズと呼ばれる熱烈な追っかけ女性ファンも出現しています。彼のことですから大丈夫とは思いますが、少なからず集中力に影響する部分もあるのではないでしょうか」(メジャー関係者)。

 オールスター後、全米でさらに大谷人気が上昇。独身ということもあって、若い女性からの熱視線を浴びており「私とデートしませんか」とボードを掲げて、大谷をデートに誘う女性ファンの存在が報じられ、話題となった。 過熱する大谷フィーバーを体現するかのような存在の彼女自身も米放送局の取材に応える中で、「ストーカーのように思われなかったらいいんですけど。それが1番の心配です」と懸念を漏らしている。ボードを掲げるのはファンであるがゆえの熱烈な心情からだったが、独身の大谷に無用なプレッシャーを与えないかと心配しているのだ。

 熱烈なファンがいるということはそれだけ人気者になった証でもある。今後も様々な困難が予想される中で、大谷自身の適応力、対応力がより試されることになりそうだ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]


ココカラネクスト

「マエケン」をもっと詳しく

「マエケン」のニュース

「マエケン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ