リタイアのストロール「複雑なコンディションを生かせず残念」:ウイリアムズ F1ドイツGP日曜

2018年7月24日(火)10時42分 AUTOSPORT web

 2018年F1第11戦ドイツGP決勝で、ウイリアムズのランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンはリタイアを喫した。


■ウイリアムズ・マルティニ・レーシング
ランス・ストロール 決勝=リタイア

 ブレーキが効かなくなって、リタイアするしかなかった。昨日の予選はいい感じだったのに、今日のペースはあまり良くなかった。それでも、自分のレースには満足している。一時は悪くないポジションまで行けそうに思えたのに、そこで雨が降り始めてしまった。


 最終的には(ブレンドン・)ハートレーが1ポイントを獲ったけど、ピットに入ってインターミディエイトに履き替えるまでは、僕の方が彼より前にいたんだ。その後、ブレーキのトラブルでリタイアすることになったけどね。


 ともかく、途中まではかなり希望が持てそうだった。最後まであのポジションにとどまって、複雑なコンディションを生かせなかったのが残念だ。


セルゲイ・シロトキン 決勝=リタイア
 いいレースだった。スタート直後は激しいバトルが続き、何台かには勝ったものの、残念ながら勝てなかったケースもあった。だが、レースがある程度まで落ち着いてからは、順調にいいレースができて、タイヤのマネジメントもうまくいっていた。


 ペースはまずまずといったところだったが、雨が降り始めた時には自信を持ってプッシュできて、前方のクルマとのギャップを急速に縮めることができた。セーフティカーが出動した時には、これはチャンスだと思ったよ。ところが、残念なことに、すぐにピットに戻ってリタイアするよう指示された。


AUTOSPORT web

「ドイツ」をもっと詳しく

タグ

「ドイツ」のニュース

「ドイツ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ