【社会人野球】トヨタ自動車が決勝進出! 決勝ソロの多木が高らか宣言「勝って豊田に帰ります!」

7月24日(水)22時52分 フルカウント

今大会初スタメンの西潟が2安打3打点と藤原監督の采配も的中

 トヨタ自動車がシーソーゲームを制し、決勝進出を決めた。4-4で迎えた中盤の6回、トヨタは多木の右越えソロで勝ち越しに成功。今大会初スタメンに起用された西潟が2安打3打点と活躍し、藤原監督の采配も的中した。投げては2番手・川尻が1点のリードを守り切り、最後は佐竹が三者凡退で締めて逃げ切った。敗れた日立製作所は岡崎の2ランなどで追い上げるも、トヨタの救援陣の前に追加点を奪うことができなかった。

 本塁打を確信し、一塁方向に走り出すと同時に右手を高く突き上げた。同点で迎えた6回、先頭で打席に入った多木は高橋のチェンジアップを完璧に捉え右翼スタンドへ一直線に突き刺した。春先から心がけてきた強いスイングが、最高の場面で結果を出した。

 東京ドームの一塁側内野席から外野席をぐるっと囲むように埋め尽くされた日立の大応援団の歓声に押されながらも、「楽しんでやろう」と自分たちの野球を貫き続けた。4回には1死二塁と一打同点のピンチを背負ったが、中堅手・逢澤からの好返球と中継プレーで二塁走者の生還を阻止。今大会4試合でわずか1失策と鉄壁の守備で相手打線の反撃の芽を摘んだ。

 ヒーローインタビューに呼ばれた多木は「勝って豊田に帰ります!」と高らかに宣言し、最後まで声援を送ったスタンドに3年ぶりの王座奪還を誓っていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

フルカウント

「トヨタ」をもっと詳しく

「トヨタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ