プジョー『5008/3008』のGT BlueHDiに最新8速ATを搭載。『2008』も一部改良

2018年7月26日(木)14時6分 AUTOSPORT web

 プジョーの新生SUVラインとして誕生した7人乗りの『5008』と、5人乗りの『3008』に、先のCセグメントの主力モデル『308』と同様、クリーンディーゼルを搭載したGT BlueHDiグレードに新たに8速オートマチックが搭載され、7月19日から発売が開始されている。


 これまでのミニバン的ピープルムーバー路線から一転し、この2代目ではSUVモデルに生まれ変わった『5008/3008』の兄弟モデルは、上級の『5008』ではクラストップレベルのラゲッジスペースと3列シートの7人乗りがセールスポイントとなり、弟分の『3008』はプジョーの販売比率でトップとなるなど、ともに高い完成度を示すモデルとなっている。


 そのSUVモデル2車種にも、先の『308』で導入されたアイシンAWとの共同開発となる新開発の8速オートマチックEAT8を導入。177PS/400Nmを発生する2リッター直列4気筒クリーンディーゼルターボのGT BlueHDiグレードに搭載した。


 この日本初導入となる新開発EAT8は、小型軽量化とシフトバイワイヤによる運転機能の進化が最大のハイライトで、シフトの電子制御化によりワイドでクロースしたギアレシオ、低燃費、シフトクオリティの向上を実現している。


 さらにギアの小型化、オイルポンプ外径の小径化、トランスミッションケースの小型化により、全長は6速と変わらず、容積は小型化することに成功。シフトバイワイヤも軽量化に寄与し、車重は6速シフトタイプと同等に収められた。

クラストップレベルのラゲッジスペースと3列シートの7人乗りがセールスポイントの『5008』
最新式の8速ATはシフトバイワイヤとし、制御の緻密化に加えて軽量小型化に貢献
8速化にあたりレシオギヤ自体の小型化や配置、ケーシングも見直され、容積と重量は6速と同等に収められた


 また、電子シフト化は、シフトレバー自体のデザインやコックピット設計の自由度向上にも貢献し、負荷が掛かった状態でのシフト操作時の振動も最小限に。


 アイドリングストップ機能はブレーキ圧に応じて完全停止前から作動することで、エンジン再始動はEAT6よりもさらにクイックでスムーズになっている。


 さらに上級装備をまとめた新オプションの“ファーストクラスパッケージ”も新設定し、プレミアムSUVとしてのポジショニングをさらに明確化。シートヒーターを備えた運転席メモリー付き電動シート&マルチポイントランバーサポート機能や、360°ビジョンのフロントカメラは、ワイドバックアイカメラに機能追加されることで俯瞰映像の精度も向上。さらにパークアシストやパノラミックガラスルーフも含まれている。


 最新式の8速AT搭載を中心に大幅な機能充実が図られながら、価格は8万円アップに留められ、『5008』は404万〜473万円。『3008』は357万〜448万円となり、ファーストクラスパッケージは30万円のOP設定となっている。


 また、SUVコンセプトではこの2台の先輩にあたるBセグメントのコンパクトモデル、『2008』にも基本装備のアップグレードが行われ、ベースグレードのAllure(アリュール)にはシートヒーターとバックアイカメラを、上級グレードのGTLineではさらにフロントソナー、パークアシストを標準装備とし、価格を265万〜288万円としている。

360°ビジョンのフロントカメラを含む「ファーストクラスパッケージ」も新設定
1.2リッター3気筒直噴ターボ+EAT6を搭載する『2008』も一部改良が施された
『5008/3008』と同様に、GTLineではフロントソナー、パークアシストを標準装備とした

プジョーコール TEL:0120-840-240


AUTOSPORT web

「プジョー」をもっと詳しく

「プジョー」のニュース

「プジョー」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ