古巣バルサとの対戦を終えたイニエスタ「これを役立てていかないと」

7月27日(土)22時41分 サッカーキング

バルセロナ戦に出場したイニエスタ [写真]=吉田孝光

写真を拡大

 ヴィッセル神戸は27日、Rakuten CUPでバルセロナと対戦し、0−2で敗れた。試合後、神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが取材に応じた。

 神戸は前半をスコアレスで折り返したものの、後半に2ゴールを奪われ敗戦。前半45分間プレーしたイニエスタはこの試合ファーストシュートを放つなど存在感を発揮したが、勝利に導くことはできなかった。

 イニエスタは「相手はなかなかボールを失わないから、追いかけることが増える。バルサの一員としてプレーするよりも苦しい状況、時間が多かったね」と22年間を過ごした古巣バルセロナとの対戦を振り返った。

 そして、「これがチームが成長する手助けにならないといけない。今日は、レベルの高いチームを前にしていたからかはわからないが、リーグ戦ではできない、良いプレーがいくつか見せられた。これを役立てていかないといけない」とコメント。この貴重な経験をリーグでの戦いにつなげなければならないと主張した。

 神戸は8月2日に明治安田生命J1リーグ第21節でガンバ大阪をホームに迎える。

サッカーキング

「イニエスタ」をもっと詳しく

「イニエスタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ