なでしこ、東京五輪ベスト8進出!岩渕真奈が語った胸の内「今まで感じたことのないプレッシャーが…」安堵の涙、次は歓喜の笑顔を!

7月27日(火)23時40分 サカノワ

先発復帰で田中美南の決勝点をアシスト。

[東京五輪 GL3節] 日本女子代表 1–0 チリ女子代表/2022年7月27日/宮城スタジアム

 東京オリンピック・女子サッカーのグループリーグ(E組)、なでしこジャパン(日本女子代表)がチリ女子代表に1-0の勝利を収めた。日本はグループ1勝1分1敗で3位通過。30日の準々決勝、埼玉スタジアムでG組1位のスウェーデン女子代表と対戦する。

 FIFA(国際サッカー連盟)ランキングは、日本が10位、チリが37位。

 この大会から背番号10をつける岩渕真奈は2試合ぶりの先発。3日前のイングランド女子代表戦は「コンディションが万全ではない」(高倉麻子監督)ため途中出場となったものの、結果を残せなかった。

 そしてこの試合は2トップの一角で先発。そして77分、その小さな体での渾身のポストプレーから、途中出場の田中美南にパス。これを田中が冷静に沈めて、決勝ゴールをもたらした。

 岩渕は試合後のフラッシュインタビューで、目を少し光らせながら次のように語った。

「難しい試合でしたけれど勝ち切れて良かったです。正直今まで感じたことのないプレッシャーがありましたけれど、勝てて良かったです。ここで終わるわけにはいかなかったですし、そういう意味で不安もたくさんありました。(有観客での試合になったが)いろんな人が応援してくれて、両親も来てくれて、パワーになりました。難しい試合が続きますが、あと2日いい準備をして、あとはぶつかるだけなので、しっかり頑張りたいです」

 また、自身のツイッター(@buchi_mana)を更新し、「3位通過だけどここで終わらなくて本当によかった みなナイス!みんなナイス! 有観客試合、最高でし!!!応援ありがとうございました」と、感謝のメッセージを綴った。

 日本は30日19時から、埼玉スタジアムでグループGを1位で抜けたスウェーデン女子代表と戦う。

注目記事:日本人市場価格トップ20。3位久保、2位冨安、1位は!? 東京五輪代表も全チェック

[文:サカノワ編集グループ]


サカノワ

「東京五輪」をもっと詳しく

「東京五輪」のニュース

「東京五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ