サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ハッシュの初重賞制覇ある!」

7月28日(木)17時56分 アサ芸プラス

 夏競馬も後半戦に突入! 今週は「アイビスSD」が新潟で行われる。過去5年で4回1番人気が勝利している重賞だが、枠順にも注目だ。一方、札幌の「クイーンS」は、オークス2着馬チェッキーノが人気の中心。

 今週から新潟、札幌、小倉開催。本格的な夏のローカル競馬が始まるが、新潟開幕週のメインはアイビスSD。新潟の名物、芝1000メートル、直線のみで争われる電撃の一戦だ。

 今年で16回目。まだ新しい重賞だが、まずこれまでの15回を振り返ってみようか。1番人気馬は5勝(2着2回)。2番人気馬は3勝(2着1回)。馬単導入後のこれまでの14年間、その馬単で万馬券になったのは5回(馬連は1回)。ここ3年、連続で1番人気馬が勝利しており、比較的順当に収まる重賞と見ていいか。

 そして盛夏の中での競馬ということで、暑さに強い牝馬の活躍が目立つことは知っておくべきだ。牡馬5勝に対して、牝馬はその倍、10勝を記録している。

 また、直線のみの競馬。外枠の馬が比較的有利で、よく連対を果たす。というのも、外ラチ沿いの芝は使用頻度が少なく、傷んでいないのでスピードに乗りやすいからだ。といっても、枠順が決まる前にあれこれ言ってもムダなこと。参考までに。

 では、データを頭に入れたうえで勝ち馬検討に入ろうか。昨年の覇者ベルカント、2年連続僅差3着の実績があるアースソニック、直千競馬に実績あるネロ、プリンセスムーンなどが有力候補としてあげられる。

 しかし伏兵陣も多彩。人気どころと大きな力の開きはないように思え、最も期待を寄せたいのはその中の1頭、ハッシュである。

 とにかく短いところでのスピードは一級品。まだ準オープン(1600万条件)の身で、相手が一気に強くなる今回は、恐らく評価は低いだろう。が、オープンの流れにも十分対応できるスピードと能力の持ち主と見たい。

 昇級初戦の前走は逃げ粘って僅差の2着。ここ3戦【1】【1】【2】着と勢いに乗っている馬なら、強敵相手でも断じてヒケを取るまい。

 直千競馬は前々走が初めて。しかし、戸惑うどころか、気持ちよさそうに四肢を回転させ、勝ち上がってみせた。前走の6ハロン戦よりも今回の5ハロン戦のほうが、この馬にとっては間違いなく合っていよう。

「邁進特別(前々走)を勝つ前から、いずれはこの重賞を使いたいと思っていた。相手は一気に強くなるが、差はないはずだ」

 こう高橋忠調教師はヤル気のほどをのぞかせるが、1週前の追い切りは軽快かつリズミカル。仕上がり状態のよさは明らかだ。

 休み休み使われてきただけに肉体的に若く、まだ上がり目十分なのも強調していいだろう。そして、この馬も暑さに強い牝馬。前走から斤量が1キロ軽くなるのも有利に働くはずだ。

 曾祖母はGI愛オークス馬。スピードを誇るコマンズを父に、母の父がサンデーサイレンス。血統的にも重賞を勝っていい馬だ。良馬場条件に大きく狙ってみたい。

 クイーンSは、顔ぶれが多彩。これも中穴傾向の重賞で、難解な一戦だ。

 狙ってみたいのは、ナムラアンだ。前走のマーメイドSは9着と期待を裏切ったが、これで評価を下げるべきではない。

 マーメイドSは、パドック(下見所)からテンションが高く、レースでは折り合いを欠く場面も見られた。前々走が一息入ったあとのレースでの勝利。“2走ボケ”ではなかったろうか。

 前走後は直ちにここを目標に据え、しっかり乗り込んでおり、仕上がりはいい。祖母はオープンで活躍したアイリッシュダンスで近親にハーツクライがいる良血。ベストとも言える1800メートル戦。巻き返しは必至だ。

 ロッテンマイヤーが逆転候補。前走のオークスは重め残り。レースでは折り合いを欠いていた。3歳馬の善戦が目立つこの一戦。52キロなら一発があっていい。

アサ芸プラス

「重賞」をもっと詳しく

「重賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ