【MLB】大谷翔平、“初球攻撃”も第2打席は左飛 第1打席では左直で2打席凡退

7月29日(月)6時3分 フルカウント

28日のオリオールズ戦では後半戦初ホームランとなる15号ソロを放った大谷

■エンゼルス – オリオールズ(日本時間29日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地オリオールズ戦で「3番・DH」で4試合連続でスタメン出場。第2打席は2打席連続で初球を打ちにいったが左飛に倒れた。

 1点リードの3回1死一塁で迎えた第2打席。またも初球を積極的に打ちにいったが左飛に倒れた。初回の第1打席でも初球を打ちにいった大谷。左翼への大飛球となったが好守に阻まれ左直。あともう少しでスタンドインの打球に球場は大きく沸いた。

 大谷は前日の同戦では第2打席で後半戦初ホームランとなる15号ソロを放ち4打数1安打1打点1四球。15試合60打席ぶりの一発は右手1本でバックスクリーンへ運ぶ驚愕のアーチだった。連続出塁も7試合に伸ばしている。

 この日の相手先発は右腕ディラン・バンディで今季は19試合に登板し5勝11敗、防御率5.14の成績を残している。大谷はこの試合まで68試合に出場し打率.293、15本塁打、42打点をマーク。後半戦初ホームランから2試合連続アーチに期待がかかる。(Full-Count編集部)

フルカウント

「大谷翔平」をもっと詳しく

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ