【クイーンS】まだまだ奥がありそうな良血ドナアトラエンテ 参考レース分析からの注目馬は?

7月29日(木)6時0分 SPAIA

2021年クイーンSの参考レース,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

「後方勢の巻き返しに要注意」

今年は函館競馬場を舞台に行われるクイーンS。洋芝や短い直線など共通点の多い札幌競馬場からの舞台替わりだが、コーナー角や起伏の面での違いは大きく、例年以上に機動力や馬力、タフさが求められる一戦となりそうだ。
【福島牝馬S】
新潟芝1800mでの施行。ディアンドルが逃げて3F別ラップは35.8-36.9-34.2。スパート位置も遅く、後方勢が差し届かない「前有利」の競馬となった。
2着馬ドナアトラエンテは先行勢の直後につけて、直線は外から差す形。惜しくもハナ差届かなかったが、展開を考慮すれば勝ちに等しい2着であった。ジェンティルドンナの全妹という超良血馬で、Lyphardの4×4を活かした機動力が持ち味。メンバーレベルは上がるが、条件替わりはプラスだろう。
7着馬シゲルピンクダイヤはドナアトラエンテの内で運び、直線は同馬を追う形。結果的には同じ脚になってしまったが、叩き良化型の久々という点を考慮すれば力差はほぼないと評価できる。ただ、今回も間隔が開いているだけに状態面が鍵になりそうだ。


「現役牝馬上位の地力を証明」

2021年ヴィクトリアマイルの展開/馬場バイアス,ⒸSPAIA


【ヴィクトリアマイル】
内枠からクリスティがハナを切って前半3F34.3。レースの前後半3Fは34.3-33.4の後傾0.9秒だったが、これはグランアレグリアが強過ぎただけであり、同馬を除けば同34.3-34.1程度。ヴィクトリアマイルとしては平均程度の流れであった。
3着馬マジックキャッスルは最内枠から中団のインにつけ、直線は馬群を割って差す形。NHKマイルC3着相当の走破時計には物足りなさを感じるが、上がり3Fの質は悪くない。2着馬同様の中距離タイプだけに、改めて地力と成長力を証明する一戦となった。距離延長、小回り替わりは大幅な加点材料。別定56キロなら当然上位の一頭だろう。
5着馬シゲルピンクダイヤも内枠から好位のインにつけ、直線もスムーズな追い出し。ほぼ、4着馬ディアンドルと同程度の競馬でもあり、マジックキャッスルには力差を見せつけられた形だ。
14着馬テルツェットは出脚で遅れ、後方のインで待機。直線もラチ沿いから追い込んだが、ラストは同じ脚色になった。ポジションや展開次第では着順を上げられそうだが、上位勢には力差を見せつけられた形か。

「格上挑戦での重賞勝利」

【マーメイドS】
前日は内有利のトラックバイアスだったが、雨馬場を使い込んだ影響で前日のような顕著なバイアスは見られず。レースはシャムロックヒルが最内枠から押してハナに立ち、公式ラップは12.6-11.1-12.4-12.4-12.3-12.3-12.0-11.7-11.6-12.0。
前後半1000m60.8-59.6の後傾1.2秒、起伏の少ないペース、ラスト1Fの失速度。50キロの軽斤量も味方したが、逃げ馬としては理想的な逃げ方であった。今回は別定戦で一気の5キロ増。馬格があり斤量負けの心配はないが、前走から大幅に厳しくなることは間違いないだろう。

「秋に向けて負けられない一戦」

現役中距離牝馬上位のマジックキャッスルは56キロなら上位争い濃厚。久々の分、状態面は要注意だが、秋のG1に向けても負けられない一戦だろう。良血馬ドナアトラエンテもまだまだ奥がありそう。
注目馬:マジックキャッスル、ドナアトラエンテ
※記事内の個別ラップは筆者が独自に計測したものであり、公式発表の時計ではありません。
ライタープロフィール
坂上明大
1992年生まれ、岐阜県出身。元競馬専門紙トラックマン(栗東)。2019年より競馬情報誌サラブレにて「種牡馬のトリセツ」「新馬戦勝ち馬全頭Check!」などの連載をスタートさせ、生駒永観氏と共同執筆で『血統のトリセツ』(KADOKAWA)を上梓。現在はYouTubeチャンネル『競馬オタク』を中心に活動し、パドック解説や番組出演、映像制作、Webメディアでの連載もこなす。


SPAIA

「クイーン」をもっと詳しく

「クイーン」のニュース

「クイーン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ