ルーニー、鼻骨骨折で大流血。MLS移籍後初ゴール決めた試合で負傷

7月30日(月)10時28分 フットボールチャンネル

 MLS(メジャーリーグサッカー)のDCユナイテッドに加入した元イングランド代表のFWウェイン・ルーニーは、現地時間28日に行われたコロラド・ラピッズ戦で移籍後初ゴールを記録。だがその後のプレーで鼻骨を骨折し、流血する痛々しい姿を見せることになった。

 ルーニーは昨季1年間を過ごしたエバートンからDCユナイテッドへ移籍。デビュー4戦目となった28日の試合でチームの先制ゴールを記録し、2-1の勝利に貢献した。

 しかし、後半アディショナルタイムに相手CKの守備に入った場面でアクシデントが発生。相手選手との競り合いの中で顔面を強打したルーニーは激しく出血していた。

 クラブはその後、公式ツイッターでルーニーの鼻骨骨折を発表した。ルーニーが血を流す写真に添えて「鼻骨骨折、5針縫合、MLSキャリア初ゴール、勝ち点3」とコメントしている。

フットボールチャンネル

「ウェイン・ルーニー」をもっと詳しく

「ウェイン・ルーニー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ