日ハム吉田輝、2軍初勝利で1軍昇格前進! 栗山監督「力任せでなくなってきた」

7月30日(火)16時33分 フルカウント

イースタン・ヤクルト戦で5回4安打1失点 2軍戦初勝利

 日本ハムのドラフト1位、吉田輝星投手は30日、イースタン・ヤクルト戦で後半戦初先発。5回4安打1失点に抑え、1軍昇格へ猛アピールした。6-1で勝利し、嬉しいイースタン初勝利を挙げた。栗山監督は「前に進んでいる感じはするなぁ。変に力任せだけじゃなくなってきた」と評価した。

 3点を先制した直後の3回に1点を許したが、5回1死満塁では濱田を140キロ直球で遊ゴロ併殺打に打ち取った。5回101球を投げ、4安打1失点。イースタン11試合目の登板で初勝利(4敗)を挙げた。

 栗山監督は楽天戦(札幌ドーム)前に報道陣の取材に対応。吉田輝について、「今、見ていたよ。前に進んでいる感じはする。変に力任せだけじゃなくなってきたよね。バランス良く投げたりとか。あれだったら長いイニング、球数投げられるだろうし」と評価。続けて「1軍で投げるためにじゃなく、1軍で投げ続けるために。結果を出すということもそうだし、1年間通してしっかり投げ切るということもそう。自分の中で課題は見つかっているはずなので。それはしっかりやってくれるとこっちは信じて、向こうに帰しているから」と期待していた。1軍昇格については明言はしなかった。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

フルカウント

「日ハム」をもっと詳しく

「日ハム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ