レアルFWロドリゴの恩師が教え子と久保を称賛「未来を担う選手たち」

7月31日(水)23時1分 サッカーキング

トップチームへのメンバー入りが期待される久保 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 レアル・マドリードに所属するブラジル人FWロドリゴ・ゴエスを指導した経験があるカルロス・アマデウ氏は、教え子のチームメートとなった日本代表MF久保建英も非常に有望な選手だと評価している。30日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 ともに18歳のロドリゴと久保は今シーズンからレアル・マドリードへ加入。プレシーズン期間中はトップチームに帯同し、トップチーム入りを目指している。

 U-17ブラジル代表の監督としてロドリゴと、同じくレアル・マドリード所属のブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールを指導した経験もあるアマデウ氏は、「ヴィニシウスとロドリゴを見た時から、ビッグクラブに行けると分かっていたよ」とコメント。2人に加えて久保やスペイン人MFブラヒム・ディアスの名前も挙げた上で、「彼らはみんなマドリーの未来を担う選手たちだ」とも話している。

 トップチームのスペイン人MFマルコ・アセンシオがプレシーズンマッチの負傷で長期離脱となった影響もあり、ロドリゴや久保にはトップチーム入りの期待も高まっているが、外国人枠の問題もあり、仮に昇格可能としてもどちらか一人だけかもしれないと考えられている。「ロドリゴと久保に枠が1つだけだとすれば、どちらを選ぶかは非常に難しいと思う」と話した上で「久保も非常に高いクオリティーを持っているので、ロドリゴにとっても難しいだろう。両選手とも様々なポジションに適応可能で、FWにラストパスを送る能力にもシュートにも優れている」と両者を称賛している。

サッカーキング

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ