欧州各国リーグ、主要移籍まとめ(6)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人【編集部フォーカス】

8月1日(木)7時0分 フットボールチャンネル

久保建英

 2018/19シーズンの欧州各国リーグが幕を閉じ、現在はそれぞれのチームが来季に向け積極的に補強を行っている最中だ。すでに新天地に活躍の場を求めた選手も何名かおり、世界中を賑わせている。フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちをピックアップした。今回はこの5人(移籍金は『transfermarkt』を参照)。

——————————

MF:久保建英(日本代表)
生年月日:2001年6月4日(18歳)
FC東京→レアル・マドリー(移籍金:フリー)
今季リーグ戦成績:13試合出場/4得点4アシスト(FC東京)

 日本中を驚かせたのは、6月14日のことだった。18歳ながら明治安田生命J1リーグで首位を走るFC東京を主力として牽引していたMF久保建英が、レアル・マドリー・カスティージャに移籍することが発表されたのである。FC東京との契約が久保の18歳の誕生日(6月4日)までということで、移籍金は発生していない。いわゆる、フリーでのマドリー加入となった。

 バルセロナの下部組織で長らくプレーし、幼い頃からその注目を集めていた久保。同クラブが18歳未満の外国人選手獲得に関する規定に違反し、公式戦の出場が禁止された影響で2015年にはFC東京U-15むさしに加入しているが、日本でもその卓越した技術を発揮し、2016年にはFC東京U-18へ昇格。その翌年には16歳でプロ契約を勝ち取っている。2018シーズンは前半戦をFC東京、後半戦を横浜F・マリノスで過ごし、リーグ戦では1得点を記録している。

 今季はFC東京で主力としてプレーし、リーグ戦では13試合に出場。4得点4アシストの活躍を見せている。そのパフォーマンスが評価され、6月には日本代表デビューも果たし、コパ・アメリカ2019(南米選手権)にも出場していた。

 そんな久保は現地時間20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のバイエルン・ミュンヘン戦でマドリーデビューを果たしている。立ち上がりから相手DF2人を置き去りにしてクロスを上げるなどさっそく持ち味を発揮。スペイン紙からも絶賛されていた。現地時間26日に行われたICCの第3戦、アトレティコ・マドリー戦はボランチでの出場でやや苦しんだが、終盤に際どいシュートを放つなど短い出場時間でもその存在をアピールした。

 ルカ・ヨビッチやマルコ・アセンシオら主力にけが人が相次いでいるマドリー。久保やロドリゴといった若手選手がそのままトップチームでプレーするのではないかという声も出ているが、果たしてどうなるか。18歳の若武者から目が離せない。

ナビル・フェキル

FW:ナビル・フェキル(フランス代表)
生年月日:1993年7月18日(26歳)
リヨン→べティス(移籍金:約24億円)
昨季リーグ戦成績:29試合出場/9得点7アシスト

 リヨンの絶対的エースとして活躍していた26歳のレフティー。トップ下、サイドハーフ、センターフォワードなど攻撃的なポジションであればどこでもプレー可能という万能性型のFWであり、その実力は十分だ。リヨンではキャプテンも務めるなど文字通りの大黒柱として欠かせない存在となっており、2017/18シーズンにはリーグ戦30試合で18得点7アシストの成績を残している。昨季もリーグ戦では29試合で9得点7アシストを記録していた。

 2015年にはフランス代表デビューも果たしているナビル・フェキル。選手層の厚い同チームではベンチを温めることも多いが、昨年行われたロシアワールドカップでは6試合に出場するなどいわゆる“ジョーカー”的存在としてプレーしており、同国の20年ぶりとなる世界制覇に貢献した。ディディエ・デシャン監督からの信頼は厚いと言えるだろう。

 パスの質も高く、前線で様々な仕事をこなすことができるフェキルにはリバプールなど多くのクラブが獲得に興味を示していたが、7月23日、同選手の獲得を発表したのはスペインのべティスであった。同クラブはフランス人FWを完全移籍でチームに加えることに成功し、契約期間は2023年までとなっている。そして、気になる移籍金はなんと2000万ユーロ(約24億円)。フェキルの市場価格(『transfermarkt』を参照)が6000万ユーロ(約72億円)であることから、かなりリーズナブルな価格になったと言えるだろう。

キーラン・トリッピアー

DF:キーラン・トリッピアー(イングランド代表)
生年月日:1990年9月19日(28歳)
トッテナム→アトレティコ・マドリー(移籍金:約26億円)
昨季リーグ戦成績:27試合出場/1得点3アシスト

 精度抜群のキックを武器に持つイングランド代表DF。昨年行われたロシアワールドカップでは右サイドのファーストチョイスとして活躍し、準決勝のクロアチア代表戦では芸術的なFKを沈めている。所属していたトッテナムでも右サイドバックの主力としてコンスタントに出場しており、昨季は同クラブの2019/20シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。さらにトッテナム史上初となるCL決勝進出にも尽力した。

 質の高いキックを武器にセットプレーなどで相手の脅威となることができるキーラン・トリッピアー。守備の対応にはやや改善点があるが、豊富なスタミナを生かして90分間ハードにプレーできる点も魅力的だ。そんな同選手を今夏に獲得したのはアトレティコ・マドリー。フアンフランが退団し、右サイドバックの補強が急務だった同クラブは移籍金2200万ユーロ(約26億円)を支払い、トリッピアー獲得に至った模様。契約期間は2022年までの3年間になっているという。

 今夏に主力を大量に放出したアトレティコ・マドリー。今季は間違いなく勝負の年となるが、トリッピアーはどこまでチームに貢献できるだろうか。

セバスティアン・ハラー

FW:セバスティアン・ハラー(フランス)
生年月日:1994年6月22日(25歳)
フランクフルト→ウェストハム(移籍金:約53億円)
昨季リーグ戦成績:29試合出場/15得点9アシスト

 元日本代表MF長谷部誠と同じフランクフルトに所属していたフランス人FW。身長190cm、体重82kgという恵まれた体躯を生かしたパワフルなプレーが特徴的な選手であり、決定力の高さやポストプレーの上手さも兼ね備える実力屈指のストライカーだ。フランクフルト在籍2年目となった昨季はリーグ戦29試合で15得点9アシストの成績を収めるなど大爆発。FWルカ・ヨビッチ、FWアンテ・レビッチらとともに強力な攻撃陣を牽引した。

 フランクフルトのヨーロッパリーグ(EL)・ベスト4進出などに貢献したセバスティアン・ハラーには数多くのクラブが関心を示していたが、7月17日、同選手の獲得を発表したのはイングランドのウェストハムであった。同クラブはフランス人FW獲得のために4400万ユーロ(約53億円)の移籍金を支払った模様。これは昨夏フィリペ・アンデルソンを獲得した際の金額を上回るクラブ史上最高額となっている。

 プレミアリーグは初挑戦となるハラーだが、果たしてどのようなパフォーマンスを披露するか。昨季と同じような破壊力を発揮し、ウェストハムを上位へ導きたいところだ。

イドリッサ・ゲイェ

MF:イドリッサ・ゲイェ(セネガル代表)
生年月日:1989年9月26日(29歳)
エバートン→パリ・サンジェルマン(移籍金:約38億円)
昨季リーグ戦成績:33試合出場/0得点2アシスト

 セネガル代表として昨年行われたロシアワールドカップ出場を果たした29歳のMF。豊富な運動量と優れた危機察知を武器に相手の攻撃を早い段階で摘み取る能力に長けており、主に守備面でチームに大きく貢献できる存在だ。タックルの鋭さや的確さはプレミアリーグでもトップクラスのものがあると見て間違いなく、チェルシーに所属するMFエンゴロ・カンテにも匹敵するほどの力の持ち主である。

 リールでプロデビューを果たし、その後アストン・ビラを経てエバートンに加入したイドリッサ・ゲイェ。同クラブには3年間在籍したが、加入1年目から主力として活躍しており、2016/17シーズンにはクラブのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得などに大きく貢献している。昨季もリーグ戦では33試合に出場するなど変わらず主力としてプレーしていた。

 プレミアリーグ所属選手の中でも屈指の実力を持っていたゲイェにはマンチェスター・ユナイテッドなどが獲得に興味を示していたが、30日、パリ・サンジェルマンが完全移籍で同選手をチームに加えることを正式に発表。詳細は明らかとなっていないものの、『transfermarkt』によるとPSGは3200万ユーロ(約38億円)の移籍金を支払った模様。契約期間は2023年6月末までの4年間になっているという。2019/20シーズンは悲願のチャンピオンズリーグ優勝を狙うPSG。ゲイェはどこまで貢献できるだろうか。

フットボールチャンネル

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ