88歳で死去の元近鉄右腕グレン・ミケンズ氏 NPB初の1球勝利投手として話題に

8月1日(木)18時34分 フルカウント

低迷期の近鉄を支えた右腕、球宴に2度出場

 1959年から63年まで近鉄の右腕エースとして活躍したグレン・ミケンズ氏が、7月9日に死去した。88歳だった。

 1930年7月26日、米カリフォルニア州生まれ。UCLA在学中にブルックリン・ドジャースとマイナー契約を結んだ。53年7月、メジャーに昇格。ジャッキー・ロビンソン、ギル・ホッジスらのの大選手をバックに、4試合に登板したものの0勝1敗と成績を残せず、7月末に再びマイナーへ降格。以降、一度もメジャーに昇格することなく、58年までマイナーでプレーした。

 59年に近鉄入団。スリークォーターからカーブ、シュート、スライダーなど多彩な変化球を繰り出し、先発として活躍。この時期、近鉄は、58年から5年連続最下位という低迷期で、59年は39勝91敗に終わったが、ミケンズ氏はチームの勝ち星の4分の1以上に当たる11勝(13敗)を挙げた。

 60年も13勝10敗とチームの勝ち頭に。オールスターにも選出され、第3戦(後楽園)に先発。巨人の長嶋茂雄王貞治、中日の森徹らセ・リーグの強力打線を相手に3回1安打無失点の好投を見せ、勝利投手になった。

 61年は味方の援護に恵まれず5勝11敗に終わるも、防御率は2.42。2年連続でオールスターに選ばれ、3回無失点と好投した。以降も2桁勝利はなかったが、63年まで主力投手として活躍した。

NPB通算45勝&史上初の1球勝利投手に

 珍しい記録も残した。63年8月21日の南海戦(日生)で同点の9回表1死一、三塁で登板すると、バディ・ピート内野手に対して初球を打たせて遊ゴロ併殺打に仕留めた。ピンチを断ち切ると、その裏に近鉄は1死満塁で代打・島田光二の二ゴロを南海・森下整鎮が失策。近鉄がサヨナラ勝ちし、ミケンズ氏は1球で勝利投手になった。

 1球勝利投手は今年のロッテ-楽天の開幕戦(3月29日)でロッテ・酒居知史投手が記録するなど、これまで42人が記録しているが、ミケンズ氏の記録がNPB史上初。珍しい記録として大いに話題になった。ミケンズ氏は同年8月18日の東映戦でも5球で勝利投手になっており、「6球で2勝」も話題になった。

 ミケンズ氏はこの年限りで近鉄を退団。米国に帰国した。

 MLBでの通算成績は4試合0勝1敗 防御率11.37。NPBの通算成績は169試合45勝51敗、防御率2.54。オールスター出場2回。引退後は1989年まで母校のUCLAでコーチを務めた。

 ミケンズ氏はMLB在籍時に同じUCLA出身のジャッキー・ロビンソンと仲良くなった。米南部への遠征で黒人のロビンソンが同じバスに乗れず、ホテルでの食事も共にできなかったことにショックを受けたミケンズ氏は、チャック・ドレッセン監督に疑問をぶつけた。ドレッセン監督は「今、俺たちは南部にいるからだ。これが南部のやり方なんだ」と答えた。このエピソードはジャッキー・ロビンソンを語る上で欠かせないものになっている。(広尾晃 / Koh Hiroo)

フルカウント

「近鉄」をもっと詳しく

「近鉄」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ