神戸vsG大阪、今季2度目の“阪神ダービー”。ブックメーカーの勝敗オッズは?

8月2日(金)12時0分 フットボールチャンネル

 J1第21節、ヴィッセル神戸対ガンバ大阪の試合が2日に行われる。大阪に本拠地を置くチームと神戸に本拠地を置くチーム同士が対戦するため、両チームの戦いは“阪神ダービー”と呼ばれている。

 神戸にはアンドレス・イニエスタやダビド・ビジャ、セルジ・サンペールなど能力の高い選手が揃っているが、降格圏内に近い15位に沈んでおり、現在3連敗中だ。対するG大阪は11位だが、中村敬斗がオランダのトゥウェンテへ、韓国代表FWファン・ウィジョがフランスのボルドーへ移籍するなど、選手の流出が続いており万全の体制とは言えない。

 会員向けにブンデスリーガやセリエAの試合を無料でライブストリーミング配信している『188BET』のオッズでは、神戸の勝利が2.28倍、G大阪の勝利が2.85倍、引き分けが3.85倍となっている。つまり、多くの人が神戸の勝利を予想していることに。果たして、今回の“阪神ダービー”を制すのはどちらのチームになるのだろうか。

フットボールチャンネル

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ