幻のスーパーカー「OX99-11」も走る! ヤマハが「歴史車両デモ走行見学会2018」を11月3日に開催 先着1,500名に一般公開

8月3日(金)14時0分 日本版Autoblog



ヤマハ発動機が、貴重な歴史的車両の展示だけでなくデモ走行も披露する「歴史車両デモ走行見学会2018」を、静岡県のヤマハ袋井テストコースで11月3日に開催します。

今回は同社の創業からの歴史を振り返るべく、二輪車60台、四輪車4台の歴史車両を展示するとともに、第1号製品の「YA-1」など歴代の二輪車31台とGPレーサー「YZR700」(1984年)、さらにトヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発した「トヨタ 2000GT」、エンジンを共同開発した「レクサス LFA」、F1参戦時代に開発したスーパーカー「OX99-11」といった四輪車のデモ走行も予定しているそうです。

参加は事前予約制で、先着1,500名のみが来場できます。応募受付開始は9月3日(月)12:00より。1エントリーにつき2名まで登録可能。定員に達し次第締め切られるので、以下のURLからどうぞお早めに。
https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/demorun2018/

■ヤマハコミュニケーションプラザ「歴史車両デモ走行見学会2018」概要

・開催日:2018年11月3日(土)

※小雨決行ですが、雨天時はスケジュールと内容が一部変更されます。

・開場時間:11:00〜15:30

・デモ走行:13:30〜15:10

・会場:ヤマハ袋井テストコース

・参加料:一般1,000円、小学生以下500円

・駐車場:エコパ第9駐車場よりシャトルバスにて送迎

※会場では二輪車・四輪車とも駐車できません

・事前申し込み方法:以下のウェブサイトから
https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/demorun2018/

応募受付開始9月3日(月)12:00より(定員に達し次第締め切り)

日本版Autoblog

「ヤマハ」をもっと詳しく

「ヤマハ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ