J1清水、元職員が6700万円の経費着服で懲戒解雇。社長が3ヶ月報酬減額

8月3日(金)16時29分 フットボールチャンネル

 清水エスパルスは3日、クラブの元職員が6年間にわたって経費を着服していたことを発表した。

 清水の発表によると、元経理担当者が2012年から2018年にわたる6年間で約6700万円の経費を着服し、私的流用していたことが判明した。

 当該元社員は7月31日付で懲戒解雇となった。また、管理監督責任を明確にするため、代表取締役社長の左伴繁雄氏の報酬を3ヶ月間30%減額とすることを決定している。

 清水は「このような事態を招いた事を猛省するとともに、ファン、サポーターの皆様、株主様、パートナーの皆様をはじめとする多くの関係者の皆様の信頼を裏切る結果となりましたことを、心からお詫び申し上げます」とし、「今回の不正行為発生を厳粛に受け止め、コンプライアンス意識の徹底、業務フローの見直しなど内部統制体制の更なる強化を業務・人・システムの面から行って参り、皆さまから愛されるクラブになりますよう努めて参る所存です」と述べた。

フットボールチャンネル

「解雇」をもっと詳しく

「解雇」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ