ロシアW杯へ導いた元エジプト代表指揮官、ウズベキスタンの監督に就任決定

8月3日(金)5時45分 フットボールチャンネル

 ウズベキスタンサッカー連盟(UFF)が2日、62歳のエクトル・クーペル氏がウズベキスタン代表監督に就任したと発表した。カタールワールドカップが行われる2022年までの契約となっている。

 2015年からエジプト代表を率い、28年ぶりのワールドカップ出場に導いたクーペル氏。ロシアワールドカップでは開催国ロシアやサウジアラビア代表、ウルグアイ代表と同組のグループAに入るも3戦全敗で大会を終えていた。敗退後の6月26日にクーペル氏はエジプト代表監督から退いている。

 今回チームを率いることになったウズベキスタン代表は、まだ一度もワールドカップへ出場したことがない。ロシアワールドカップのアジア最終予選ではグループAの4位に終わり本大会出場を逃している。

フットボールチャンネル

「ロシア」をもっと詳しく

「ロシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ