マンU、待望のCB補強完了。100億円超のDF史上最高額でマグワイアを獲得

8月5日(月)21時21分 フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間5日、レスター・シティからイングランド代表DFハリー・マグワイアを獲得したことを発表した。契約期間は6年で、さらに1年の契約延長オプションが付いている。

 ユナイテッドは移籍金など取引の詳細を明かしていないが、英『スカイ・スポーツ』などは8000万ポンド(約103億円)と報じた。これは2018年1月にサウサンプトンからリバプールへ移籍したDFフィルジル・ファン・ダイクの移籍金7500万ポンド(約97億円)を超え、DFとして史上最高額の移籍金となった模様だ。

 マグワイアはレスターへの感謝を語りつつ、「偉大なクラブと契約することができてうれしく思う。監督と話して、今後のプロジェクトやビジョンにワクワクしている。新しいチームメートと会うのが楽しみで、シーズンの開幕が待ち遠しい」と語った。

 オレ・グンナー・スールシャール監督は、「現在のサッカーで最も優れたセンターバックの一人である彼を迎えることができうれしく思う」と喜びのコメントを残している。

フットボールチャンネル

「獲得」をもっと詳しく

「獲得」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ