マンCが移籍市場でラストスパート? アケとイスコの両獲りを狙う

8月5日(月)17時7分 サッカーキング

シティが狙うアケ(左)とイスコ(右) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Cは、ボーンマスのオランダ代表DFネイサン・アケと、レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコの獲得を検討しているようだ。イギリスメディア『Sports MOLE』が4日付けで報じている。

 今夏、すでにアンヘリーノやロドリゴ・エルナンデスを獲得しているジョゼップ・グアルディオラ監督は、これまでの補強の成果に満足感を示してきた。しかし報道によると、マンチェスター・Cは移籍市場が終了するまでにアケとイスコへアプローチすることを検討しているらしい。

 アケは昨シーズン限りで退団したヴァンサン・コンパニの後釜として期待される存在で、移籍金は4000万ポンド(約51億3400万円)と言われている。シティはアケの動向を注視し続けており、市場が閉まるまでに移籍が成立する可能性は十分にある。

 一方、イスコはグアルディオラ監督が高く評価するプレーヤーの1人だが、レアル・マドリードにとっても重要な選手であるため、マンチェスター・Cが今夏に獲得を実現させるためには高額な移籍金が必要になることが考えられる。

 移籍市場もいよいよ大詰め。プレミア王者はどのようなスカッドを準備し、シーズン開幕を迎えるのだろうか。

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ