パレス、元英代表DFケーヒルの獲得レースをリード? 2年契約を提示へ

8月5日(月)14時56分 サッカーキング

今夏チェルシーを退団していたケーヒル [写真]=Getty Images

写真を拡大

 クリスタル・パレスは、元イングランド代表DFガリー・ケーヒルの獲得に向けて、有意な位置に立っているようだ。イギリスメディア『Sports MOLE』が5日付けで報じている。

 6月末にチェルシーを退団してからフリーの状態が続いているケーヒル。しかし、プレミアリーグで349試合に出場してきたベテランには、現在海外を含めて多くのクラブが関心を寄せているという。

 そんななか、クリスタル・パレスはケーヒルに対して2年契約を提示する準備があり、獲得レースをリードしていると報道されている。かつて代表チームでケーヒルを指導したロイ・ホジソン監督は、交渉成立へ自信を持っているようだ。

 今週末、エヴァートンとホームでのリーグ開幕戦を控えるクリスタル・パレスは、今夏の移籍市場でジョルダン・アイェウとスティーヴン・ヘンダーソンの獲得に成功している。

サッカーキング

「ケーヒル」をもっと詳しく

「ケーヒル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ