元バルサのFWボージャンが英2部ストークを退団。MLS移籍が濃厚か

8月6日(火)20時51分 フットボールチャンネル

 イングランド2部チャンピオンシップのストーク・シティは6日、同クラブに所属していた元スペイン代表FWボージャン・クルキッチとの契約を双方合意のもとで解消したことを発表した。

 現在28歳のボージャンはバルセロナの下部組織から17歳でトップチームにデビュー。その後ローマ、ミラン、アヤックスでのプレーを経て2014年にストークに加入した。

 2016/17シーズンにはドイツのマインツ、2017/18シーズンにはスペインのアラベスへレンタル。昨季はストークに復帰し、2部に降格したチームでプレーしたが、リーグ戦21試合に出場して1得点にとどまっていた。

 ストークを退団し、次の戦いの場はMLS(メジャーリーグサッカー)となることが見込まれている。スペイン紙『マルカ』など複数メディアが伝えるところによれば、モントリオール・インパクトに加入することが濃厚だという。

フットボールチャンネル

「退団」をもっと詳しく

「退団」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ