神戸、大分からFW藤本憲明を獲得「眠れなくなるほど悩みました」

8月7日(水)16時8分 サッカーキング

神戸加入が決定した藤本 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ヴィッセル神戸は7日、大分トリニータからFW藤本憲明を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、神戸での背番号は「9」に決定した。

 藤本は1989年生まれの現在29歳。名門青森山田高校から、近畿大学に進学し、2012年JFLの佐川印刷に加入している。その後は、佐川印刷京都、SP京都と渡り歩き、2016年より鹿児島に移籍し、2018年に大分に加入した。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで26試合の出場で12得点を記録し、J1昇格に貢献。今シーズンは明治安田生命J1リーグ開幕戦で2得点を挙げるなど、ここまで21試合に出場し、8得点を記録している。

 移籍にあたり、藤本は大分の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「いつも応援してくれているみなさん、この度ヴィッセル神戸に移籍することを決断しました。眠れなくなるほど悩みました。ここまで僕を成長させてくれた仲間、スタッフ、いつもどんな時でも応援してくれたサポーターのみなさん、感謝しかありません。シーズン途中で去ってしまう事になって本当に申し訳ありません。必ずトリニータはJ1残留できると信じていますし、僕も成長してきます。永遠に僕は『LOVE TRINITA』です。あっという間の1年半でしたがかけがえのない濃い1年半でした。またスタジアムで会いましょう。本当にありがとうございました。勇者であれLOVE TRINITA」

 そして加入する神戸には以下のようにメッセージを寄せている。

「はじめまして、大分トリニータから移籍しました藤本憲明です。得点やアシストでチームに貢献したいと思います。ファン、サポーターのみなさんに一日でも早く認めてもらえるように頑張りますのでよろしくお願いします」

サッカーキング

「藤本憲明」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「藤本憲明」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ