巨人連敗6で止め首位死守、阪神3連敗、DeNA浜口11K無失点の快投…7日のセ・リーグは?

8月8日(木)7時15分 フルカウント

DeNAの浜口は6回4安打11奪三振の快投で6勝目をマーク

 セ・リーグは7日、各地で3試合が行われ巨人、DeNA、ヤクルトがそれぞれ勝利した。巨人は連敗を6でストップし首位を死守した。

 巨人は敵地・ナゴヤドームでの中日戦を9-3で勝利し連敗を6でストップ。先発のメルセデスが6回途中2安打3失点の力投で7勝目をマーク。4回に大城の犠飛で先制すると5回には丸の19号2ラン、阿部の4号2ランで4点を追加。1点差に迫られた7回には2死満塁から若林が走者一掃のタイムリー三塁打、ゲレーロの左前適時打で一挙4点を奪い突き放した。

 DeNAは敵地・マツダスタジアムでの広島戦を4-0で勝利。先発の浜口が6回4安打11奪三振無失点の快投で6勝目。打線は3回にソトの29号2ランで先制。5回は3連打で無死満塁の好機を作るとロペスの左犠飛でリードを広げた。広島は先発のジョンソンが5回8安打3失点で7敗目、打線も沈黙しチームの連勝は2でストップした。

 ヤクルトは本拠地・神宮での阪神戦を11-2で3連勝を飾りカード勝ち越し。先発の石川は6回2安打1失点の好投で5勝目を挙げた。打線は4回に村上の24号3ランで勝ち越しに成功。5回には中村が押し出し四球を選び追加点、7回は雄平の6号ソロでリードを広げた。阪神は先発の青柳が5回7安打6四死球、6失点の乱調で8敗目。チームは3連敗を喫した。

→1 巨人 100試合54勝45敗1分 -
→2 DeNA 103試合54勝46敗3分 0.5
→3 広島 104試合53勝48敗3分 1.5
→4 阪神 103試合46勝52敗5分 5.5
→5 中日 101試合46勝55敗0分 1.5
→6 ヤクルト 103試合41勝60敗2分 5.0(Full-Count編集部)

フルカウント

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ