仙台、法政大DF永戸勝也の加入内定を発表「仙台の戦力となるよう試合に出て活躍」

8月8日(月)15時50分 サッカーキング

仙台への加入内定が発表された法政大DF永戸勝也 [写真]=瀬藤尚美

写真を拡大

 ベガルタ仙台は8日、法政大学DF永戸勝也の2017年シーズン加入内定を発表した。

 永戸は1995年1月生まれの21歳。P.B.J千葉ジュニアユース、八千代高校を経て、法政大に進学した。2015年から2年連続でデンソーカップチャレンジサッカー大会の関東選抜に選ばれるなどの経歴を持つ。また、JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦 1部前期の全11試合に出場して4アシストを記録している。

 加入内定を受けて永戸はクラブ公式HPを通じ、以下のように意気込みを述べている。

「この度、ベガルタ仙台に加入させていただくことになりました法政大学の永戸勝也です。これまで自分を支えていただいた方々に感謝の気持ちをもって謙虚に一生懸命頑張ります。ベガルタ仙台の戦力となるように1年目から試合に出て活躍できるように日々努力していきたいと思います!応援よろしくお願いします」

サッカーキング

「仙台」をもっと詳しく

「仙台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ