開幕戦欠場は決定的…モナコのロシア代表MFゴロヴィン、右足首を負傷

8月9日(木)10時12分 サッカーキング

ロシアワールドカップでは大活躍をみせたゴロヴィン [写真]=Getty Images

写真を拡大

 CSKAモスクワからモナコに今夏加入したロシア代表MFアレクサンドル・ゴロヴィンが足首を負傷した。『Sport Express』などが伝えている。

 ゴロヴィンは2018 FIFA ワールドカップ ロシアでロシア代表のベスト8進出に大きく貢献。ベストゴールにも名を連ねる活躍を見せ注目を集めていた。そして、チェルシーなど強豪クラブが同選手獲得の争奪戦を繰り広げると、同選手はモナコ行きを選択した。

 新天地でのデビューを心待ちにしていたサポーターも多い中、モナコはゴロヴィンが練習中に「右足首を捻挫した」と発表している。

 なお、離脱期間は約1カ月程度の模様。そのため、モナコは11日のリーグ・アン開幕戦でナントと戦うが、ゴロヴィンの欠場は決定的になった。

サッカーキング

「ロシア」をもっと詳しく

「ロシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ