木下グループから16歳の有望株・長崎美柚、田添健汰が卓球Tリーグに参戦

8月10日(金)18時55分 スポーツ報知

Tリーグに参戦する長崎美柚

写真を拡大


 10月に開幕する卓球「Tリーグ」に男女で参加する木下グループは10日、女子「木下アビエル神奈川」から長崎美柚(16)、男子「木下マイスター東京」から田添健汰(23)の参戦が決まったと発表した。

 長崎はリーチを生かした威力のあるボールが持ち味で、今年の世界選手権団体戦の代表に当時15歳で選ばれた将来有望なサウスポーだ。中学からエリートアカデミーで練習に励み、昨年の世界ジュニア選手権では中国の若手有望選手に勝利。今年3月に128位だった世界ランクも、8月時点で38位と急上昇。初めて出場した世界選手権では出番なしに終わった悔しさも糧に、Tリーグ参戦でさらなるレベルアップを目指す。

 田添は専大でエースとして活躍し、1月の全日本選手権はシングルス、男子ダブルスとも16強。4月から木下グループの所属となった。混合ダブルスの名手としても知られ、福岡・希望が丘高の後輩の前田美優(22)=日本生命=とのコンビで全日本選手権を3度制し、17年の世界選手権個人戦では8強に入っている。

スポーツ報知

「卓球」をもっと詳しく

「卓球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ