バンコクでスーパーGT第7戦の記者会見開催。タイシリーズ立ち上げは「坂東さんに相談している」

8月11日(金)17時17分 AUTOSPORT web

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは8月10日、タイの首都バンコクで10月7〜8日に同国で開催する第7戦に関する共同記者会見を行った。


 今年はシリーズ第7戦に組みこまれているスーパーGTのタイラウンド。2014年に初開催され、今年で4回目の開催となる。舞台となるのは、タイ東北部のブリーラム県にあるチャン・インターナショナル・サーキットだ。


 バンコクのプルマン・バンコク・キング・パワーで開催された会見には、GTAの坂東正明代表とサーキットのプレジデントを務めるネウィン・チドチョプ氏のほか、9月2〜3日に行われるTCRインターナショナル・シリーズをPRするため、シリーズのコミュニケーションディレクターを務めるファビオ・ラビオリ氏などが出席した。


 会見冒頭、ネウィン氏は「TCR、スーパーGTともにFIAのインターナショナルシリーズであり、スーパーGTとはサーキットのこけら落としとして、ともに歩んできた」とコメントした。


「スーパーGTには過去3年間、タイのチームがワイルドカードとして参戦していたが、今年はPANTHER TEAMがシリーズで参戦しており、このことがタイのチームの発展につながると信じている」


「今年からタイスポーツ局(SAT)が支援してくれることになった。政府機関として、SAT及び観光局が関わってきたということはタイのモータースポーツが発展していることを示しているし、今までの私たちの努力は無駄ではなかったと信じている」


 この会見にはタイのテレビ局15社をはじめ、メディアが70媒体、約120名が集まり、タイ国内でもスーパーGTへの関心が高まっている様子を伺わせた。

共同記者会見に出席したGTAの坂東正明代表
共同記者会見に出席したGTAの坂東正明代表


 会見後にはメディアを交えたディナートークも行われ、坂東代表は「今年でスーパーGT開催4年目を迎えますが、ブリ—ラムが年々発展している様子を、私たちは目の当たりにしています」と述べた。


「ここにサーキットができたことによって、外国からの来訪者も増えていることは明らかでしょうし、地域の活性化も結びついていることがわかります。私たちもスーパーGT開催を通して、この地域の発展により貢献できれば、とてもうれしく思います」


 また、サーキットのマネージング・ダイレクターを務めるタナイシリ・チャンビタヤロン氏はスーパーGTのタイ国内シリーズ立ち上げについて「坂東さんに相談している」とコメント。GTAとともに新たな取り組みを行っていると明らかにしている。


AUTOSPORT web

「バンコク」をもっと詳しく

「バンコク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ