スーパーGT:SUGO公式テスト2日目はまたもKEIHIN NSX-GTが最速。GT300はHOPPY 86が首位

8月11日(日)20時9分 AUTOSPORT web

 8月10〜11日の2日間の予定で行われたスーパーGT公式テストは8月11日、スポーツランドSUGOで2日目の走行が行われた。午前は曇天の下ながらドライのセッションとなったものの、午後は走行開始前から雨が降り出し、ウエットコンディションとなった。GT500クラスは初日に続きKEIHIN NSX-GTが、GT300クラスはHOPPY 86 MCが2日目のトップタイムをマークした。


 テスト2日目を迎えたこの日のスポーツランドSUGOは曇天。今回の公式テストでは今までになかったパターンとして、2日目午前のセッション3をクラスごとに分けて走行することになった。まず8時15分にスタートしたGT300のセッション3では、曇り空の下で走行が重ねられていく。セッション途中に31号車TOYOTA GR SPORTS PRIUS PHV apr GTがストップしたため赤旗中断になったものの、それ以外は赤旗なく走行が続いた。


 GT300クラスのセッション3では、SUGOを得意とするGT300マザーシャシー勢がワン・ツーを占めた。トップとなったのは、佐藤公哉が1分18秒307をマークしたHOPPY 86 MC。次いで、第5戦富士で2位表彰台を獲得した埼玉トヨペットGB マークX MCが、吉田広樹がマークした1分18秒759で2番手につけている。3番手には、谷口信輝が1分18秒903をマークしたグッドスマイル 初音ミク AMGとなった。


 20分間のインターバルを経て、10時35分にスタートしたGT500クラスのセッション3では、前日もトップタイムをマークしたKEIHIN NSX-GTが、3セッション連続となるトップタイムをマークした。セッション3では塚越広大が1分10秒828をマークしている。2番手にはWedsSport ADVAN LC500が、3番手にはARTA NSX-GTが続いた。


 オープンピットを挟み、14時15分にスタートしたセッション4は、セーフティカー訓練から行われていったが、走行開始前から雨が降り出してしまい、ウエット宣言が出される。後半に向けて少しずつ雨脚も強まるなか、途中WedsSport ADVAN LC500がストップしたため赤旗も出されている。


 セッション終盤は雨のなか走行を切り上げるチームもあったが、GT500クラスでトップタイムをマークしたのは、山本尚貴が1分19秒343をマークしたRAYBRIG NSX-GT。2番手にはKEIHIN NSX-GTが1分19秒525で続き、好調のまま公式テストを終えた。3番手にはMOTUL AUTECH GT-Rが、4番手にはカルソニックIMPUL GT-Rと、ニッサンGT-R勢が続いている。


 GT300クラスは、ARTA NSX GT3を駆る福住仁嶺が1分27秒535をマークし首位に。31号車TOYOTA GR SPORTS PRIUS PHV apr GTが2番手、K-tunes RC F GT3が3番手、埼玉トヨペットGB マークX MCが5番手とブリヂストンタイヤ装着車が上位につける結果となった。Hitotsuyama Audi R8 LMSが4番手となっている。

WedsSport ADVAN LC500
WedsSport ADVAN LC500
ARTA NSX-GT
ARTA NSX-GT
RAYBRIG NSX-GT
RAYBRIG NSX-GT
MOTUL AUTECH GT-R
MOTUL AUTECH GT-R
カルソニックIMPUL GT-R
カルソニックIMPUL GT-R
KeePer TOM'S LC500
KeePer TOM’S LC500
HOPPY 86 MC
HOPPY 86 MC
ARTA NSX GT3
ARTA NSX GT3
埼玉トヨペットGB マークX MC
埼玉トヨペットGB マークX MC
グッドスマイル 初音ミク AMG
グッドスマイル 初音ミク AMG
K-tunes RC F GT3
K-tunes RC F GT3


AUTOSPORT web

「テスト」をもっと詳しく

「テスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ