小出義雄監督 最後の命がけは鷲見梓沙の東京五輪での勝負

8月11日(木)16時0分 NEWSポストセブン

マラソン界のパイオニアが狙う「最後の金メダル」

写真を拡大

 日本のお家芸だったマラソンが、世界と闘えなくなって久しい。日本記録は長年更新されず、世界記録を更新し続けるアフリカ勢とは離されるばかりだ。1964年の東京五輪で円谷幸吉が銅メダルを獲得してから、幾多の名ランナーが繋いできた日本の伝統は潰えてしまうのか。ところが、この男だけは諦めていなかった。


「今の日本人だってね、やるべきことをやれば必ず闘えるんです。やっぱり、日本人はマラソンなんだよ」


 日本の女子マラソンを世界一に押し上げたパイオニア、小出義雄は、77歳になった今も冷めやらぬ熱い胸の内を語った。


「4年後の東京五輪は81歳になる。そこでね、選手をアフリカ人と競わせて、もう一度金メダルを獲って、国民を喜ばせてから、俺、死んで行こうかなって。そう思うとね、頑張れるんですよ」


 1992年バルセロナ五輪で銀、1996年アトランタ五輪で銅の有森裕子、2000年シドニー五輪で日本人初の金メダルを獲得した高橋尚子ら、複数のメダリストを育成してきた。だが、2003年のパリ世界陸上で千葉真子が銅メダルを獲得して以降は、マラソンで大成する選手は出ていない。それでも4年後の金メダルを口にするのにはわけがある。


 理想とするランナーに出会った。昨年、愛知豊川高から小出が指導するユニバーサルエンターテインメントに入社した鷲見梓沙(19)である。


「高校2年の全国高校駅伝をテレビで見た時、この子だ! とピンと来た。姿勢が前傾していて、脚がすっと前に出る。日本人にはなかなかいないんだよ。少し腰が落ちてるけど、そんなのはどうでもいいの。強くなれば自然といいフォームになってくるから。入ってくれと、夢にまで見てたよ」


──50年に一人の逸材と。


「去年、5000mを15分17秒(日本学生歴代3位に相当)で走ってるの。昭和40年に高校の教員になって指導者を始めてから約50年経つけど、19歳でそんなタイムで走る選手は見たことがない。あとはスタミナさえつければ、4年後は十分マラソンで勝負できる」


──性格もいいんですか。


「Qちゃんと似てるの(笑)。明るくて素直。人の悪口を言わない。嫉妬しない。『東京で優勝するぞ』というと、『ハイ、お願いします!』って。やっぱり強くなるのはそういう選手ですよ」


──この間、常に高橋さんのことが頭にあったんじゃないですか。Qちゃんだったらもっと練習できるのに、と。


「だから今、鷲見を世界一にするって宣言してる。今の俺の生きがいなんだよ。(シドニー五輪から)15年待った。長かったよ。だからこれが僕の最後かなって。命がけでやるのはね……」(文中敬称略)


【PROFILE】こいでよしお/1939年、千葉県生まれ。順天堂大学体育学部卒業。卒業後は23年間、市立船橋高などで教鞭をとり、全国高校駅伝にチームを導く。1988年より実業団で指導。有森裕子、高橋尚子などメダリストを輩出した。2002年に佐倉アスリート倶楽部設立。


●聞き手/高川武将(ルポライター ) 撮影/横田紋子


※SAPIO2016年9月号

NEWSポストセブン

「東京五輪」をもっと詳しく

「東京五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ