村田諒太、楽天—オリックス戦でワンバン始球式「ちょっと加減しすぎた」

8月11日(日)8時56分 スポーツ報知

楽天戦の始球式を務めた村田

写真を拡大


 プロボクサーでWBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=が10日、楽天—オリックス戦(楽天生命)で始球式を行った。セットポジションから投じた投球は、ベースのわずか手前でワンバウンド。「ストライクを入れたかったけど、ズバンといけなかった。ちょっと加減しすぎてしまいました」と、悔やしがった。

 それでも、昨年7月6日の西武戦(楽天生命)が雨天中止となり、予定していた始球式を行えなかっただけに、「晴れてよかったです」と笑顔。また、トップアスリートらしく、「神聖な場所なので、あんまり汚したくなかった」と、マウンド上でのパフォーマンスなどは一切しなかった。

 この日の試合は、BOAT RACE振興会協賛で「BOAT RACE ナイター」として開催された。村田は試合前には球場正面広場でトークショーも行い、「スピード感が全然違うんですよ」と、ボートレースの魅力も語っていた。

スポーツ報知

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ