【ロッテ】「手が震えた」鬼塚雅、ノーバン始球式

8月11日(日)17時59分 スポーツ報知

始球式を行うスノーボード平昌五輪代表の鬼塚雅

写真を拡大


 女子スノーボーダーの鬼塚雅(20)が11日の西武戦(ZOZO)で自身初の始球式を務めた。

 本番前に練習を重ねてマウンドに上がった鬼塚は、山なりで見事なノーバウンド投球。「練習では違う方向にいったりしていましたが、いろいろな人のキャッチボールをして練習してきたので、本番では決めることができてとてもうれしいです。すごく緊張して手も震えました」と振り返った。

 鬼塚は昨年の平昌五輪に出場し、昨季のW杯スロープスタイルで年間総合優勝。この日の西武戦は、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップのシーズン最終戦の幕張海浜公園開催を記念し、「レッドブル・エアレース千葉2019スペシャルデー」として行われた。

スポーツ報知

「鬼塚雅」をもっと詳しく

「鬼塚雅」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ