済美、逆転サヨナラ満塁弾=高知商、浦和学院なども3回戦へ—全国高校野球第8日

8月12日(日)19時57分 時事通信

 第100回全国高校野球選手権大会第8日は12日、甲子園球場で2回戦4試合が行われ、済美(愛媛)、二松学舎大付(東東京)、浦和学院(南埼玉)、高知商(高知)が3回戦に進んだ。
 済美は星稜(石川)に延長十三回、13—11で逆転サヨナラ勝ち。今大会2試合目となるタイブレークに入った十三回に2点を失ったが、その裏、矢野が大会史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打を放った。
 二松学舎大付は七回に3点を勝ち越し、昨年準優勝の広陵(広島)を5—2で振り切った。5年ぶり出場の浦和学院は12安打を放ち、仙台育英(宮城)に9—0で快勝。12年ぶり出場の高知商は序盤に猛攻を仕掛け、12—6で慶応(北神奈川)を下した。 

[時事通信社]

時事通信

「二松学舎大付」をもっと詳しく

「二松学舎大付」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ