オリックス白崎が移籍1号「入ってくれてよかった」

8月12日(日)13時53分 日刊スポーツ

オリックス対ロッテ 2回裏オリックス1死一塁、白崎浩之は2点本塁打を放つ(撮影・渦原淳)

写真を拡大


<オリックス3−2ロッテ>◇12日◇京セラドーム大阪

 オリックス白崎浩之内野手(27)が移籍1号を放った。
 2回1死一塁からロッテ種市のスライダーを強振し、左翼2階席に運び、「どうにかチャンスを広げることを考えていました。打った瞬間は、抜けてくれと思って走っていたんですが、なんとか入ってくれてよかったです! 全力プレーです」と振り返った。
 7月にDeNAからトレードで加入してから38打席目に描いた放物線が先制の1号2ランになった。

日刊スポーツ

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ