楽天茂木サヨナラ弾、宋家豪4勝 西武斉藤大将1敗

8月12日(日)21時36分 日刊スポーツ

楽天対西武 12回裏楽天1死一塁、サヨナラ本塁打を放ち万歳して生還する茂木(撮影・野上伸悟)

写真を拡大


<楽天3−1西武>◇12日◇楽天生命パーク

 楽天は初回に西武榎田を攻めて先制。茂木が二塁打で出塁し、今江が左前適時打を放った。辛島は3回2安打と上々の立ち上がり。
 西武は6回に楽天辛島を捉えた。2死から浅村が左翼線二塁打で出塁。山川の敬遠四球を挟んで、森の右前適時打で追いついた。
 西武は7、8回と走者を三塁に進めながらも無得点に終わった。楽天も1回以降は得点を奪えず、1−1のまま延長戦に突入した。
 西武は延長12回1死一、二塁の好機で無得点。楽天はその裏、1死一塁から茂木がサヨナラ本塁打。チームは連敗を2で止めた。
 楽天宋家豪が4勝目。西武斉藤大は初黒星。

日刊スポーツ

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ